• yanxia2008

【常緑音楽館便り】#884〜伝説の名曲が甦(よみがえ)る〜

2017.1.10(火)

 不朽の名曲なのに、当たり前すぎて、ここに挙げていなかったのは全くもって不覚でした。

 1967年の映画「The Graduate(卒業)」の挿入曲、Simon & GarfunkelのThe Sound of Silence。

 51年前の1966年元日にビルボードで全米No.1に輝きました。

 以下のオリジナル・バージョン(映画挿入曲とは別のアコースティック・バージョン 1965)はYouTubeの再生回数が1億回を超えています。

 それはいいとして、この曲を米ヘビーメタルバンドのDisturbedがカバーしたシングルが異例の大ヒット中で、本家を上回る1億6600万回超の再生回数。  ピコ太郎の「PPAP」に迫る勢いです。

 Disturbedは、連続5枚連続でアルバムが全米一位を獲得している“世界一地味な隠れモンスターバンド”で、代表曲は「Down With The Sickness」(2000)。

 Paul Simonもこのカバーを絶賛しているということです。

 Evergreen Music通算883曲目は、DisturbedとオリジナルS&Gの聴き比べで。

♬ The Sound Of Silence / Disturbed(Video)


♬ The Sound of Silence(Original version)/ Simon and Garfunkel(Audio)


11回の閲覧