• yanxia2008

【民主党執行部にはガッカリだ】

2015.9.18(金)

 安保法案。  岡田民主党執行部は弱腰だ。口先だけ立派なことを言っても、やることなすことポーズだけ。福山議員らはとても頑張ったと思う(感動的ですらあった)が、これでは末端議員がかわいそうだ。

 問責決議案は一部だけ、牛歩は全くやらず、枝野議員の牛タンも豪語していた時間の半分以下と腰砕け。不甲斐ないことこの上ない。

 以前評判悪かったからという理由でやらないなんて愚の骨頂。

 フィリバスターは野党にとって天下の大権ではないか。なぜ徹底的にやらなかった?実際にやってることは山本太郎君以下だ。

 違憲法案が成立してしまうことによる恐ろしい情況に比べれば、民主党の評判、評価など、どうでもよいではないか。  あれだけ落ちるところまで落ちたんだから、身を捨て大反転攻勢で徹底的に戦うべきだったのではないか。

 院外の大集会に参加する人たち(現在4万人という)、全国で心配している国民に対してどう説明するのか、胸を張って説明できるのか?

 NHKは相変わらず中継しない。衆参議員が国会で多忙なら都議をNHKに回して直ちに放送するよう要求行動を起こしたらどうだ?そんな頭も回らないのか?

 敵の想定外の奇策になすすべなく、戦術、戦略に欠けた今回の行動。  たとえ反省してももう遅い。  私はがっかりした。

 明日未明に法案は成立するだろう。  悪夢を実現させる責任の一端は、間違いなく民主党執行部にもある。

 これから唯一の希望は、政党でなく、自発的に行動し始めた(動員されたのではない)市民、若者の見識、発想と行動力だ。

 あえて言わせてもらう。

 〜毒舌悪態亭亭主より〜

2回の閲覧