• yanxia2008

【欺瞞〜その傾向と対策】

2018.9.18(木)

 とうとう自民党本部が候補者として内堀雅雄前副知事を支援することを決定。  民主・社民・連合などの四者協議会が既に内堀さんを支援することを決定し、公明も支援することになった。維新は自主投票、新党改革は熊坂さんを支援という。

 この構図の中で、大きな「欺瞞」が2つある。

 第1の「欺瞞」は、「四者協議会」だ。

 もともとは、1998年の参議院選挙で、民主・社民・公明・連合が反自民で統一戦線を組み、自民現職候補を破って佐藤雄平参院議員(現知事)を誕生させたことに発する。その後の知事選でも役割を果たした反自民の統一戦線だ。  それがここに来て、自民が内堀さんを支援することを決めたのなら、四者協議会は本来、相乗りでなく、別の候補を出すなり自主投票にするなり、方針を変えるのがスジだ。節操がない。  「国政では対峙して地方では共闘する」という矛盾を恥じないのか。  特に、社民は護憲・反原発が売りの党だ。改憲、原発推進の自民と結果的に手を繋ぐとは、いったいどういう神経か。

 第2の欺瞞は「県民党」の標榜だ。

 内堀さんは、どの党からも「推薦」を受けず「県民党」でいくということだが、それなら、どの党からも「支援」も受けず、ビールケースに乗って辻立ちし、独り県民の支持を訴えるべきだ。そうするなら、内堀さんの人柄は好きなので支持しても良いが。  でも、推薦と支援を使い分けるなんて虚偽表示だ。  だいたい、国政与党と野党が相乗りしての選挙では、原発事故問題に関して毅然とした態度は取れるはずもない。  自己矛盾を感じないのか。

​****************************************

福島知事選、内堀氏支援を県連に伝達 自民選対委員長

2014/9/17 日本経済新聞

 自民党の茂木敏充選挙対策委員長は17日、党本部で岩城光英福島県連会長に会い、福島県知事選で内堀雅雄前副知事を支援する方針を伝えた。正式な推薦などはしない方向で、民主、社民両党などと相乗りになる見通しだ。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示