top of page
  • yanxia2008

【尻尾切りと同罪と】

2014.6.26(木)

 セクハラ都議会。  「結婚したら」よりも罪の重い「産めないのか」発言の御仁が誰かも解明しないまま、絶滅危惧種ヒカリトカゲの何本もある尻尾の1本だけ短く切ってチョン。  こんなふざけた決議案でうやむやのままケリを付けるとは、なんたる低次元の連中か(怒)。  はっきり言うが、自民、公明と共同提案した民主、維新、結い、そして当のみんな(民主とみんなは追及の別の議案は出したにせよ)も、全部同罪だ。  女性よ怒れ!男性も怒れ!

​****************************************

<都議会>ヤジ幕引き 塩村議員「一つの区切り。

私は私で」

2014/6/26 毎日新聞

他のヤジの発言者を特定しない「議会の信頼回復に関する決議案」が可決  「まだ解決していないが、一つの区切りにはなった。私は私で、今後もできることをやっていきたい」。東京都議会でみんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員(35)が女性蔑視のヤジを浴びた問題で、都議会は25日、自民党など5会派提出の「信頼回復、再発防止に努める」とする決議案を賛成多数で可決し、閉会した。「早く結婚した方がいい」というヤジを自分だと認めた鈴木章浩(あきひろ)議員(51)=都議会自民党を離脱=以外、他のヤジの発言者は一切特定しない内容。本会議終了後、みんなの党会派の塩村氏は、複雑な心境を吐露した。  少し前の本会議。「賛成の諸君の起立を求めます」。自民と調整した決議案を採決する時、うつむき加減で立ち上がり、賛成した。  塩村氏は今も、鈴木氏以外にも「産めないのか」などとヤジを飛ばした議員がいる、と主張している。所属するみんなは、民主と共同で、他のヤジの発言者に名乗り出るよう求める決議案を提出していた。だが同時に、他の発言者を不問とする自民などの決議案にも同調していた。  都議会として決議した文面は、「一部の議員から人権侵害と言われかねない不規則発言が発せられた」と指摘する。だが、みんな側が当初求めていたような、鈴木氏の議場での謝罪や、議会改革を目指す検討会の設置は盛り込まれなかった。  2種類の決議案に名を連ねる分かりにくい対応について、みんなの党会派の両角穣(もろずみみのる)幹事長は「各会派に(賛成して)乗っていただかないといけないので、『最大公約数』の総論になった」と説明。可決を優先した判断だった、とした。  否決が確実だったにもかかわらず、民主と共同で「他の不規則発言をした議員も自ら潔く名乗り出ることを求める」との決議案を提出したことについては、「(内容が)レベルの高いものを投げる必要もあった」と述べ、「被害者」が所属する会派としての意地をにじませた。ただ、鈴木氏の謝罪の動議を求めた共産ほどの強い姿勢も示せず、最大会派の「数の論理」に抗しきれなかった印象はぬぐえなかった。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page