• yanxia2008

【責任】

2014.4.16(水)

 「学者らしく理路整然と話し、本当と思える記者会見での説明。しかし、いかに優秀な方でも、いかにこの道の第一人者といえども、少なくとも私は、こんな上司の下に仕えたくはないなあ。山一証券の社長の記者会見を思い出しちゃうよ」 と、つぶやいている人を見かけました。

​****************************************

笹井氏、STAP論文不正「生データ見る機会なく」

2014/4/16 日本経済新聞

 STAP細胞論文の問題を巡り、共著者の理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長は16日午後、都内で記者会見し、論文の不正を見抜けなかった原因として「参加したのは論文の仕上げの段階で、(実験に関する)生データやノートを見る機会がなかった」と述べた。

 論文執筆については「論文の最終段階で協力した」と指摘。「執筆のアドバイザーとして参加していたつもりなので、当初は調査に加わっていなかった」と語り、同氏が研究に参加したのは「2年間の(研究)過程の中で、最後の2カ月強だった」と明らかにした。

 小保方晴子氏については「直属の部下ではないので、生徒に言うようにノートを見せなさいとは現実的にいえなかった」と説明。「自分は文章全体を俯瞰(ふかん)する立場。その責任は重大」との認識を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示