• yanxia2008

【 県対策協の公開質問書に東京電力「ゼロ回答」の内容 】

2013.4.25(木)

 損害賠償に関する東京電力の回答書を、とくとご覧いただきたい。  これまでに何度も同じような回答を続けてきました。  知事が「ゼロ回答」と怒るのももっともです。  2年以上も経つのに、ロクに答えず、「個別にご事情をお伺いしたうえで」「紛争審査会における今後の審議等を踏まえ」「相当因果関係が認められる損害は必要かつ合理的な範囲で賠償」を乱発。  誠意も何もあったものではありません。  完全に開き直っています。  全国の皆さん、東電ってこういう会社です。  私は比較的温厚な方だと思いますが、非常に怒っています。

​****************************************

福島第1原発事故 県損害対策協244の質問に、東電が「ゼロ回答」 /福島

2013.4.24 毎日新聞

 福島第1原発事故の賠償を巡り、県内の自治体や商工会など208団体でつくる県原子力損害対策協議会(会長・佐藤雄平知事)が提出した公開質問状について、東京電力は22日、回答を示した。

 質問は244項目に上ったが具体的な回答はなく、協議会事務局の県原子力損害対策課は「『ゼロ回答』と言っても過言ではない」と批判した。

 個人や事業者による除染費用の賠償についての質問に、東電は「現時点では支払いの可否を含め取り扱いが決まっていない」。避難区域に指定された農家が受けている休業補償の継続については「具体的な状況を確認した上で、取り扱いを判断する」と回答した。熊田孝課長は「ほとんどの回答が『適切に対応する』としているだけで具体性に乏しい」と指摘。

 佐藤知事は「誠意ある対応と十分な賠償を求めてきたが、原因者としての責任感が全く感じられず怒りを禁じ得ない」とコメント。

 25日に福島市で開く協議会の会合で、広瀬直己社長に出席を求め、十分な賠償を求める方針。

◉ 東京電力の「ゼロ回答」はこちら



2回の閲覧