• yanxia2008

【期待はずれのWWDC】

2012.6.12(火)

 WWDC2012は期待はずれの結果。

 New Desktops、iPanel(TV)、iPad mini、iPhone 5はなかったし、SiriはiPad 3rdのみ対応で 2には非対応だし。

 その他は予定通り。

 いつものことだが、秘密主義の徹底は期待と共に落胆を膨大にさせる。

​****************************************

新しいMacBook Pro登場!WWDC2012まとめ

2012/06/12  サルでき.jp

iPhone5の発表はありませんでした〜、やっほ〜。(ワタシはiPhone4Sユーザー)

はい。そういうわけでございまして。 昨日未明に行われたアップルの開発者向けイベント、WWDCの様子が各レビューサイトから上がっております。

…うっかりしてて完全に出遅れました。 今から上げてもニュースとしての価値はほぼゼロでございます。 ま、出遅れ組は出遅れ組でのんびりお話ししましょうかね。

WWDC2012、いったいどんなことが語られたのでしょう? それでははじまりはじまり〜。

MacBook ProにRetinaディスプレイ版が出ます

大方の期待を裏切って、今回の発表の目玉はMacBook Proになりました。iPhone5が出ませんでしたので、どーしても盛り上がりが。

うっすらと残念感漂う中で発表されたMacBook ProとMacBook Air。 劇的というより、しっかりしたスペックアップが行われています。

Core i7のモデルがありまっせ、みたいな。

で、それだけですといつも通りの新作発表なのですが、 今回はもうひとつ新しいブツを用意してました。

それがこちら。

Retinaディスプレイ搭載のMacBook Proです。 上のMacBook Proと、まったくの別モデルとお考えください。 名前が一緒、というだけで、見た目からして全然違います。薄ぅ!

解像度は脅威の2880px x 1800px。 いやいやいや、ワタシの使ってる27インチのディスプレイでも2560px x 1440pxですぜ。 壁紙がありませんよ、そんな大きさの。

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル(高いほう) ・ディスプレイ : 15.4インチ RetinaDisplay ・解像度 : 2880px x 1800px ・サイズ : 厚さ1.8xm、重さ2.02kg ・プロセッサ : 2.6GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ ・ストレージ : 512GBフラッシュストレージ ・カメラ : 5720p FaceTime HDカメラ ・バッテリー : 7時間の持続時間 ・価格 : 238,800円

久しぶりに見ましたね。20万円を超えるノートパソコン。 アップルさんも本気なんでしょう。相当。

Mountain Lionが出ます

これは随分前から発表されてましたね。ライオンの次は山ライオンです。 アップルさんはOS新しくすると、とにかく山ほど新機能を追加するのですが、 今回はその数200機能。

もうこの数を言いたいだけじゃないのか。 と、思うような豪華盛りです。とりあえず覚えておくといいのは、 iCloudの強化と通知センター、それからGameCenterの搭載ですかね。 iOSでテストしていい感触だった機能は片っ端から持ってくる作戦のようです。

今年7月発売予定。

iOS6が出ます

で、こちらが元々の本命予想だったiOS6です。 ついこの間iOS5の本を出した人間としては、胃の痛くなる発表ですね。

ただ、Siriが入ったり通知センターが入ったりと、 バタバタしまくったiOS5と比べると、そこまで大きな変更は無さそうでした。 基本がしっかりした感じですね。「電話」とかに久々に手が入りましたし。

あ、そうそう。 こちらもバージョンアップに伴う新機能の数は200機能。 もう…。

とは言え、結構インパクトのある発表も。

こちら、アップルさんオリジナルの地図機能です。うおおスゲェ。 アップルさんはこの日のために買収活動を続けていたようで、ついにGoogleMapから卒業となります。

いいのかしら。 ケンカにならないかしら。 いろいろ心配しつつ、APIがどんな感じになるのか待ちましょう。

今年秋発売予定。

そうそう。

ティムおじちゃんも元気でした。 なんだか最近基調講演がちょっと機能機能しすぎているような気がするなー。 なんて、そんなことを思ったりもしますが、やっぱり力強い話し方は安心しますね。

さて、肩透かしを食らった形のiPhone5はいつ出るのか。 ワタシはSの付いていない人になれるのか。 今年の後半も、じんわりとアップルの動向を伺っていきましょう。

基調講演の様子はこちらからどうぞ。 Apple Special Event

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示