Historical Archives

#035 福島県民健康調査の甲状腺検査についての

国際環境疫学会会長 フランシーヌ・ラディン博士から

日本政府に対する書簡

(2016.1.22)

◉ 国際環境疫学会・会長から日本政府に対する書簡

 

 

  The following correspondence was sent on January 22, 2016, to authorities in Japan including

Ms Tomoko Kitajima, Director General, Environmental Health Department, Ministry of the

Environment Government of Japan

Mr. Hiroyuki Kobayashi, Chief, Department of Health and Welfare, Section for Fukushima Health

Management Survey

Ms Tamayo Marukawa, Minister of the Environment (ascertained), Ministry of the Environment

Government of Japan

 

 環境省総合環境政策局環境保健部長 北島智子殿

 福島県保健福祉部県民健康調査課課長 小林弘幸殿

 環境大臣 丸川珠代殿

 

  On behalf of environmental epidemiologist, we at the International Society for Environmental Epidemiology (ISEE), the largest international professional organization for such scientists, are concerned about the recent scientific evidence suggesting an increase in the risk of thyroid cancer among residents of Fukushima that is much higher than previously anticipated.

 環境疫学者の組織として世界最大の専門家集団である「国際環境疫学学会(ISEE)」は、環境疫学者を代表し、福島県民における甲状腺がんの発症リスクが、想定よりもはるかに大きいと示した最近の科学的証拠について憂慮しています。

 

  The recently published study1 demonstrates a 12‐fold higher risk of developing thyroid cancer among residents of Fukushima compared to the rest of the Japanese population. This is an exceptionally high risk, as pointed out in the commentary to the published paper.

 最近発表された研究では、福島県民における甲状腺がんの発生リスクが、日本の他の地域と比較して12倍高いと示されています。

 

  This study builds on previous concerns about the lack of appropriate data and studies to monitor the long‐term impact of the Fukushima nuclear disaster on local residents.

 これは、公開された論文へのコメンタリーでも指摘されていたように、例外的に高いリスクです。

 この研究は、福島原子力発電所事故に伴う地域住民に対する長期的な影響について追跡調査するには、適切なデータや研究が欠如していることを懸念して、実施されているものです。

 

  Preliminary results of the study were presented at a special Symposium, organized at the ISEE Annual Meeting in Sao Paolo in September 2015.

 2015年9月にサンパウロで開催されたISEE年次総会の特別シンポジウムにおいて、この論文に先駆けた研究結果が発表されました。

 

  The discussion at the Symposium demonstrated great scientific interest of the Society members in follow up of health consequences of Fukushima accident.

 シンポジウムにおける議論において、学会メンバーは、福島原発事故の健康影響の続報に関して大きな科学的関心を示しました。

 

  The study illustrates the need of the on‐going, systematic screening of the population affected by the accident, enabling early detection and treatment of the cases of thyroid cancer.

 

 この研究は、事故によって影響を受けた集団に対し、甲状腺がんの早期発見・早期治療を可能にするための、継続的かつ体系的なスクリーニングの必要性を示しています。

 

  Besides direct benefits to the affected population, such prospective study has great value for building up global knowledge about risks of ionizing radiation.

 そのような前向き研究は、影響を受けた集団への直接的な利益に加え、電離放射線のリスクに関する国際的知見を構築するために重要な価値があります。

 

  We appeal to the government as the stakeholder serving the interest of the people, to develop a series of measures to scientifically document and follow up the health of residents of Fukushima and to better understand and estimate the risks from the accident that happened in 2011.

 私たちは、国民の利益を守る利害関係者としての日本政府に対し、福島県民の健康を科学的に記録して追跡するための一連の方策を構築し、2011年に起きた事故によるリスクに対する理解を深め、より信頼度の高いリスク推定をするよう要請します。

 

  We believe that detailed monitoring of population exposure to radiation possibly remaining in the environment after the accident remains necessary both for scientific and preventive reasons.

 

 事故後に環境中に残留している可能性のある放射線への集団の被ばくを詳細に追跡することは、科学的および予防的な理由で必要であり続けると考えています。

 

  Such studies would provide invaluable contribution to the global body of knowledge on health consequences of nuclear accidents and ways for reduction such risks in affected populations.

 

 そのような研究は、原子力事故の健康影響に関する世界的な知識体系にへの貴重な貢献となり、また影響を受けた集団におけるリスク低減策も提供することでしょう。

 

  ISEE would be available to assist and support activities where needed by utilizing the expertise of its members. We would be interested to know if, and how, you would envision the involvement of ISEE as an independent international professional organization.

 ISEEは、学会メンバーの専門知識を活用することにより、必要な活動を支援・支持することができます。日本政府が、ISEEが独立した国際専門家組織として関与することを構想できるのか、そしてどのような関与を構想されているのかについて、私たちは関心を寄せています。

 

  We would appreciate hearing back about your perspective regarding our letter and your future plans regarding this important matter.

 この手紙に関する見解と、またこの重要な問題に関する将来的な計画について、日本政府からご返信いただけると幸いです。

 

Sincerely

 Francine Laden PhD President of ISEE

 cc. World Health Organization

敬具

フランシーヌ・ラディン博士 ISEE会長

世界保健機関にもCC(Carbon Copy)で送付

 

(和訳は ourplanetによる仮訳)