Historical Archives

 

#077 2017年ノーベル平和賞受賞スピーチ

2017.12.11

ICANとは

 International Campaign to Abolish Nuclear Weapons(ICAN アイキャン):核兵器廃絶国際キャンペーン。

 各国政府に対して、核兵器禁止条約の交渉開始・支持のロビー活動を行うために設立された全世界的なキャンペーンの連合体。2007年に設立され、2017年現在101か国で468の提携組織が活動している。

 国際提携組織として、国際反核法律家協会、国際友和会(英語版)、国際平和ビューロー、核戦争防止国際医師会議、地球的責任のための技術者・科学者国際ネットワーク、国際労働組合総連合、国際社会主義青年同盟、平和首長会議、創価学会インタナショナル、ユニ・グローバル・ユニオン、世界教会協議会、国際連合協会世界連盟、婦人国際平和自由連盟などがある。日本の提携組織は、ヒューマンライツ・ナウ、核戦争防止国際医師会議日本支部、ピースボート、核戦争に反対する医師の会、プロジェクト・ナウである。

2017年にノーベル平和賞を受賞した。                      (出典:Wikipedia日本語版(抄))

Nobel Lecture

Beatrice Fihn / Executive Director of the International Campaign to Abolish Nuclear Weapons (ICAN)

ベアトリス・フィン核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)理事長

Profile

1982年スウェーデン生まれ。2008年にストックホルム大学で国際関係学士号を取得。2009年、女性国際平和と安全連合(WILPF)でインターンシップに参加し、軍縮会議や国連人権理事会に参加。のち、 ジュネーブの銀行で働き、ロンドン大学で国際法の法学修士号を取得。2010年にWILPFに戻り、2014年にICAN理事長に就任。

Speech

Your Majesties, 

Members of the Norwegian Nobel Committee, 

Esteemed guests,

 両陛下、ノルウェー・ノーベル委員会のメンバーの皆様、ご臨席の皆様、

 

Today, it is a great honour to accept the 2017 Nobel Peace Prize on behalf of thousands of inspirational people who make up the International Campaign to Abolish Nuclear Weapons.

 本日、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)を構成する何千人もの人々を代表して、2017年のノーベル平和賞を受け取ることは大変な光栄です。

 

Together we have brought democracy to disarmament and are reshaping international law.

 私たちはともに、軍縮に民主主義をもたらし、国際法の新たな形を作り出してきました。

 

We most humbly thank the Norwegian Nobel Committee for recognizing our work and giving momentum to our crucial cause.

 私たちは、ノルウェー・ノーベル委員会が私たちの活動を認め、この重要な運動に機運を与えてくださったことに、感謝を申し上げます。

 

We want to recognize those who have so generously donated their time and energy to this campaign.

 この運動に惜しみなく時間とエネルギーを費やしてきてくださった人々をたたえます。

 

We thank the courageous foreign ministers, diplomats, Red Cross and Red Crescent staff, UN officials, academics and experts with whom we have worked in partnership to advance our common goal.

 共通の目標に向かって前に進むため、私たちと連携して取り組んでこられた勇気ある外務大臣、外交官、赤十字・赤新月のスタッフ、国連職員、学者・専門家の皆さまに感謝します。

 

And we thank all who are committed to ridding the world of this terrible threat.

 そして、この恐ろしい脅威を世界から取り除くことを誓っているすべての人々に感謝します。

 

At dozens of locations around the world - in missile silos buried in our earth, on submarines navigating through our oceans, and aboard planes flying high in our sky - lie 15,000 objects of humankind's destruction.

 大地に埋設されたミサイル発射台や海の中を潜航する潜水艦、空を高く飛ぶ航空機など、世界中の数十カ所に、人類を破壊する1万5千個もの物体が置かれています。

 

Perhaps it is the enormity of this fact, perhaps it is the unimaginable scale of the consequences, that leads many to simply accept this grim reality. 

 おそらく、この事実があまりに非道で、それがもたらす結末が想像を超えるほどの規模であるがゆえに、多くの人々は残酷な現実をただ受け入れてしまっているようです。

 

To go about our daily lives with no thought to the instruments of insanity all around us.

 私たち全員を取り巻くこの異常な道具について考えることなく、暮らすためにです。

 

For it is insanity to allow ourselves to be ruled by these weapons. 

 このような兵器に私たちが支配されることを許していることこそ、異常です。

 

Many critics of this movement suggest that we are the irrational ones, the idealists with no grounding in reality. 

 私たちの運動を批判する人たちは、私たちを非理性的で、現実に基づかない理想主義者であると言います。

 

That nuclear-armed states will never give up their weapons.

 核武装国は決して兵器を手放さないのだと。

 

But we represent the only rational choice. 

 しかし、私たちは、唯一の理性的な選択を示しています。

 

We represent those who refuse to accept nuclear weapons as a fixture in our world, those who refuse to have their fates bound up in a few lines of launch code.

 核兵器をこの世界に定着した物として受け入れることを拒否し、自分たちの運命が数行の発射コードによって束縛されていることを拒否する人々を私たちは代表しています。

 

Ours is the only reality that is possible. 

 私たちの選択こそが、唯一、可能な現実なのです。

 

The alternative is unthinkable.

 他の選択は、考慮に値するものではありません。

 

The story of nuclear weapons will have an ending, and it is up to us what that ending will be.

 核兵器の物語には、終わりがあります。どのような終わりを迎えるかは、私たち次第です。

 

Will it be the end of nuclear weapons, or will it be the end of us?

 核兵器の終わりか、それとも、私たちの終わりか。

 

One of these things will happen.

 そのどちらかが起こります。

 

The only rational course of action is to cease living under the conditions where our mutual destruction is only one impulsive tantrum away.

 唯一の理性的な行動は、突発的なかんしゃくによって、私たちが互いに破壊されてしまうような状況で生きることをやめることです。

 

Today I want to talk of three things: 

 今日私は、三つのことについてお話ししたいと思います。

 

fear, freedom, and the future.

 恐怖、自由、未来についてです。

 

By the very admission of those who possess them, the real utility of nuclear weapons is in their ability to provoke fear. 

 核兵器を保有する者たち自身が認めているように、核兵器の真の効用とは恐怖を引き起こす力を持つことです。

 

When they refer to their "deterrent" effect, proponents of nuclear weapons are celebrating fear as a weapon of war.

 核兵器を支持する者たちが「抑止」効果について語るとき、彼らは恐怖を戦争の兵器としてたたえています。

 

They are puffing their chests by declaring their preparedness to exterminate, in a flash, countless thousands of human lives.

 彼らは、無数の人間を一瞬で皆殺しにすることの準備ができていると宣言し、胸を張っています。

 

Nobel Laureate William Faulkner said when accepting his prize in 1950, that "There is only the question of 'when will I be blown up?'" 

 ノーベル文学賞受賞者のウィリアム・フォークナーは1950年の受賞にあたり「唯一ある問いは『いつ自分は吹き飛んでしまうだろうか』だ」と述べました。

 

But since then, this universal fear has given way to something even more dangerous: denial.

 しかしそれ以来、この普遍的な恐怖は、さらに危険なものに取って代わられました。それは、否認です。

 

Gone is the fear of Armageddon in an instant, gone is the equilibrium between two blocs that was used as the justification for deterrence, gone are the fallout shelters.

 瞬時に世界が終末を迎えるハルマゲドンの恐怖は去り、核抑止の正当化に使われた世界両ブロックの均衡は終わり、核シェルターはなくなりました。

 

But one thing remains: the thousands upon thousands of nuclear warheads that filled us up with that fear.

 それでも一つ残ったものがあります。私たちにその恐怖を与えてきた何千、何万という核兵器そのものです。

 

The risk for nuclear weapons use is even greater today than at the end of the Cold War. 

 核兵器が使われるリスクは、今日、冷戦が終わったときよりも大きくなっています。

 

But unlike the Cold War, today we face many more nuclear armed states, terrorists, and cyber warfare. 

 しかし冷戦時とは違って、今日、世界にはより多くの核武装国があり、テロリストもいれば、サイバー戦争もあります。

 

All of this makes us less safe.

 これらすべてが、私たちの安全を脅かしています。

 

Learning to live with these weapons in blind acceptance has been our next great mistake.

 目をつぶってこのような兵器との共存を受け入れることは、私たちの次なる大きな過ちとなります。

 

Fear is rational. 

 恐怖は、理性的なものです。

 

The threat is real. 

 この脅威は、現実のものです。

 

We have avoided nuclear war not through prudent leadership but good fortune. 

 私たちが核戦争を回避してこられたのは、分別ある指導力に導かれたからではなく、これまで運がよかったからです。

 

Sooner or later, if we fail to act, our luck will run out.

 私たちが行動しなければ遅かれ早かれ、その運は尽きます。

 

A moment of panic or carelessness, a misconstrued comment or bruised ego, could easily lead us unavoidably to the destruction of entire cities.

 一瞬のパニックや不注意、誤解された発言、傷つけられた自尊心が、いともたやすく私たちの都市全体を破壊してしまいます。

 

A calculated military escalation could lead to the indiscriminate mass murder of civilians.

 計画的な軍事増強は、一般市民の無差別大量殺戮を引き起こします。

 

If only a small fraction of today's nuclear weapons were used, soot and smoke from the firestorms would loft high into the atmosphere - cooling, darkening and drying the Earth's surface for more than a decade.

 世界に存在する核兵器のごく一部が使われただけでも、爆発のばい煙が大気圏の高くに届き、地球の表面を十年以上にわたり冷やし、暗黒にして、乾燥させます。

 

It would obliterate food crops, putting billions at risk of starvation.

 それは食物を消し去り、何十億もの人々を飢餓の危機にさらします。

 

Yet we continue to live in denial of this existential threat.

 それにもかかわらず、私たちは、このような私たちの存在そのものに対する脅威を否認しながら生きているのです。

 

But Faulkner in his Nobel speech also issued a challenge to those who came after him. 

 フォークナーは、ノーベル賞講演の中で、彼に続く者たちに向けられた課題についても語っています。

 

Only by being the voice of humanity, he said, can we defeat fear; can we help humanity endure.

 彼は、人類の声によってのみ、私たちは恐怖に打ち勝ち、人類が持続することを可能にすると語りました。

 

ICAN's duty is to be that voice. 

 ICANのつとめは、そのような声となることです。

 

The voice of humanity and humanitarian law; to speak up on behalf of civilians. 

 人類および人道法の声となることです。一般市民を代表して声を上げることです。

 

Giving voice to that humanitarian perspective is how we will create the end of fear, the end of denial. 

 人道的観点からその声を上げることによって、私たちは恐怖を終わらせ、否認を終わらせることができます。

 

And ultimately, the end of nuclear weapons.

 そして最終的に、核兵器を終わらせることもできるのです。

 

That brings me to my second point: freedom.

 2点目の自由について、お話ししたいと思います。

 

As the International Physicians for the Prevention of Nuclear War, the first ever anti-nuclear weapons organisation to win this prize, said on this stage in 1985:

 核戦争防止国際医師会議(IPPNW)は、核兵器に反対する団体として初めてノーベル平和賞を受賞した1985年、この壇上で次のように述べました。

 

"We physicians protest the outrage of holding the entire world hostage. 

 「私たち医師は、世界全体を人質に取るという無法行為に抗議する。

 

We protest the moral obscenity that each of us is being continuously targeted for extinction."

 私たちが自らの絶滅に向けてお互いを標的にし続けているという道徳違反に抗議する」

 

Those words still ring true in 2017.

 これらの言葉は2017年、まさに響いています。

 

We must reclaim the freedom to not live our lives as hostages to imminent annihilation.

 差し迫る絶滅の人質にとらえられたまま生きることをやめる。その自由を、私たちは取り戻さなければなりません。

 

Man - not woman! - made nuclear weapons to control others, but instead we are controlled by them.

 男たちは――女たちではなく!――他者を支配するために核兵器を作りました。ところが実際には、私たちが核兵器に支配されてしまっています。

 

They made us false promises.

 彼らは私たちに間違った約束をしました。

 

 That by making the consequences of using these weapons so unthinkable it would make any conflict unpalatable. 

 それは、核兵器を使うことの結末をあまりにも恐ろしいものにすることによって、紛争を望ましくないものにすることができると。

 

That it would keep us free from war.

 それにより、私たちは戦争から自由になれると。

 

But far from preventing war, these weapons brought us to the brink multiple times throughout the Cold War. 

 しかし、核兵器は、戦争を防ぐどころか、冷戦期に私たちを何回も崖っぷちに追い込んできました。

 

And in this century, these weapons continue to escalate us towards war and conflict.

 そして、核兵器は今世紀も、私たちを戦争や紛争に突き進めようとしています。

 

In Iraq, in Iran, in Kashmir, in North Korea. Their existence propels others to join the nuclear race. 

 イラクでも、イランでも、カシミールでも、北朝鮮でも、核兵器の存在は、核競争への参加へと他者を駆り立てています。

 

They don't keep us safe, they cause conflict.

 核兵器は私たちを安全にするどころか、紛争を生み出しています。

 

As fellow Nobel Peace Laureate, Martin Luther King Jr, called them from this very stage in 1964, these weapons are "both genocidal and suicidal".

 私たちと同じノーベル平和賞受賞者であるマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師が1964年にまさにこの壇上から述べたように、核兵器は「大量虐殺的かつ自殺的な」兵器です。

 

They are the madman's gun held permanently to our temple. 

 核兵器とは、血迷った男が私たちのこめかみにたえず銃を突きつけているようなものです。

 

These weapons were supposed to keep us free, but they deny us our freedoms.

 核兵器は私たちを自由にするとされてきましたが、実際は、私たちの自由を否定しています。

 

It's an affront to democracy to be ruled by these weapons. 

 核兵器による支配は、民主主義に対する侮辱です。

 

But they are just weapons. 

 しかし、これらは単なる兵器です。

 

They are just tools. 

 単なる道具です。

 

And just as they were created by geopolitical context, they can just as easily be destroyed by placing them in a humanitarian context.

 これらの兵器が地政学的理由から創造されてきたのと同じように、これらの兵器を人道的観点の下に置いて廃棄していくことは簡単なことです。

 

That is the task ICAN has set itself - and my third point I wish to talk about, the future.

 これこそ、ICANが自らの任務とするところであり、私の話の3点目、未来に向かう道です。

 

I have the honour of sharing this stage today with Setsuko Thurlow, who has made it her life's purpose to bear witness to the horror of nuclear war.

 私は本日、核戦争の恐ろしさを証言することを自らの人生の目的としてきたサーロー節子さんと共に、この壇上に立っていることを光栄に感じています。

 

She and the hibakusha were at the beginning of the story, and it is our collective challenge to ensure they will also witness the end of it.

 彼女ら被爆者たちは、この核兵器の物語の始まりを経験しました。私たち皆に課せられた課題は、被爆者がこの物語の終わりも、その目で見ることができるようにすることです。

 

They relive the painful past, over and over again, so that we may create a better future.

 被爆者は、自らの悲痛な過去を何度も思い出してきました。それによって私たちがよりよい未来を作り出すことができるようにするためにです。

 

There are hundreds of organisations that together as ICAN are making great strides towards that future.

 何百もの団体がICANに加わり、未来に向けた力強い歩みを進めています。

 

There are thousands of tireless campaigners around the world who work each day to rise to that challenge.

 世界中で何千人もの運動員たちが、日々たゆみなく、その課題に立ち向かっています。

 

There are millions of people across the globe who have stood shoulder to shoulder with those campaigners to show hundreds of millions more that a different future is truly possible.

 地球上で何百万もの人たちが、これら運動員たちと肩を組んで彼らを支え、さらに何億人もの人たちに対して、今とは違う未来は可能であることを示してきました。

 

Those who say that future is not possible need to get out of the way of those making it a reality.

 そのような未来が不可能だという人たちは、それを現実にしようとしている人々の道を阻むのをやめるべきです。

 

As the culmination of this grassroots effort, through the action of ordinary people, this year the hypothetical marched forward towards the actual as 122 nations negotiated and concluded a UN treaty to outlaw these weapons of mass destruction.

 市井の人々の行動により、これら草の根の努力の頂点として今年、これまで仮説だったものが現実へと前進しました。核兵器という大量破壊兵器を違法化する国連条約が、122カ国の賛成で採択されたのです。

 

The Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons provides the pathway forward at a moment of great global crisis. It is a light in a dark time.

 核兵器禁止条約は、この世界的な危機の時にあって、未来への道筋を示しています。それは、暗い時代における一筋の光です。

 

And more than that, it provides a choice.

 さらに、それは私たちに選択を示しています。

 

A choice between the two endings: the end of nuclear weapons or the end of us.

 二つの終わりのどちらをとるかという選択です。核兵器の終わりか、それとも、私たちの終わりか。

 

It is not naive to believe in the first choice. It is not irrational to think nuclear states can disarm. 

 前者の選択を信じることは、愚かなことではありません。核を持つ国が武装解除できると考えることは、非理性的なことではありません。

 

It is not idealistic to believe in life over fear and destruction; it is a necessity.

 恐怖や破壊よりも生命を信じることは、理想主義的なことではありません。それは、必要なことなのです。

 

All of us face that choice. 

 私たち全員が、この選択を迫られています。

 

And I call on every nation to join the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons.

 そして私は、すべての国に、核兵器禁止条約に参加することを求めます。

 

The United States, choose freedom over fear.

 米国よ、恐怖よりも自由を選びなさい。

 

Russia, choose disarmament over destruction.

 ロシアよ、破壊よりも軍備撤廃を選びなさい。

 

Britain, choose the rule of law over oppression. 

 イギリスよ、圧政よりも法の支配を選びなさい。

 

France, choose human rights over terror. 

 フランスよ、テロの恐怖よりも人権を選びなさい。

 

China, choose reason over irrationality. 

 中国よ、非理性よりも理性を選びなさい。

 

India, choose sense over senselessness.

 インドよ、無分別よりも分別を選びなさい。

 

Pakistan, choose logic over Armageddon. 

 パキスタンよ、ハルマゲドンよりも論理を選びなさい。

 

Israel, choose common sense over obliteration. 

 イスラエルよ、抹殺よりも良識を選びなさい。

 

North Korea, choose wisdom over ruin.

 北朝鮮よ、荒廃よりも知恵を選びなさい。

 

To the nations who believe they are sheltered under the umbrella of nuclear weapons, will you be complicit in your own destruction and the destruction of others in your name?

 核兵器の傘の下に守られていると信じている国々に問います。あなたたちは、自国の破壊と、自らの名の下で他国を破壊することの共犯者となるのですか。

 

To all nations: choose the end of nuclear weapons over the end of us!

 すべての国に呼びかけます。私たちの終わりではなく、核兵器の終わりを選びなさい!

 

This is the choice that the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons represents. Join this Treaty.

 この選択こそ、核兵器禁止条約が投げかけているものです。この条約に参加しなさい。

 

We citizens are living under the umbrella of falsehoods. 

 私たち市民は、偽りの傘の下に生きています。

 

These weapons are not keeping us safe, they are contaminating our land and water, poisoning our bodies and holding hostage our right to life.

 核兵器は私たちを安全になどしていません。核兵器は私たちの土地や水を汚染し、私たちの体に毒を与え、私たちの生きる権利を人質にとっているのです。

 

To all citizens of the world: 

 世界のすべての市民に呼びかけます。

 

Stand with us and demand your government side with humanity and sign this treaty. 

 私たちとともに、あなたたちの政府に対して、人類の側に立ち、核兵器禁止条約に署名するよう要求してください。

 

We will not rest until all States have joined, on the side of reason.

 私たちは、すべての国の政府が理性の側に立ち、この条約に参加するまで活動し続けます。

 

No nation today boasts of being a chemical weapon state.

 今日、化学兵器を保有することを自慢する国はありません。

 

No nation argues that it is acceptable, in extreme circumstances, to use sarin nerve agent.

 神経剤サリンを使用することは極限的な状況下であれば許されると主張する国もありません。

 

No nation proclaims the right to unleash on its enemy the plague or polio.

 敵国に対してペストやポリオをばらまく権利を公言する国もありません。

 

That is because international norms have been set, perceptions have been changed.

 これらは、国際的な規範が作られて、人々の認識が変わったからです。

 

And now, at last, we have an unequivocal norm against nuclear weapons.

 そして今、ついに、私たちは核兵器に対する明確な規範を手にしました。

 

Monumental strides forward never begin with universal agreement.

 歴史的な前進への一歩は、普遍的な合意で始まることはありません。

 

With every new signatory and every passing year, this new reality will take hold.

 署名する国が一つずつ増えて、年を重ねるごとに、この新しい現実は確固たるものとなります。

 

This is the way forward. 

 これこそが進むべき道です。

 

There is only one way to prevent the use of nuclear weapons: prohibit and eliminate them.

 核兵器の使用を防ぐには、ただ一つの道しかありません。核兵器を禁止し、廃絶することです。

 

Nuclear weapons, like chemical weapons, biological weapons, cluster munitions and land mines before them, are now illegal. 

 核兵器は、これまでの化学兵器、生物兵器、クラスター爆弾や対人地雷と同様に、今や違法となりました。

 

Their existence is immoral. 

 その存在は非道徳です。

 

Their abolishment is in our hands.

 その廃絶は、私たちの手の中にあります。

 

The end is inevitable. 

 終わりが来るのは、避けられません。

 

But will that end be the end of nuclear weapons or the end of us? 

 しかしそれは、核兵器の終わりか、それとも、私たちの終わりか。

 

We must choose one.

 私たちは、そのどちらかを選ばなければなりません。

 

We are a movement for rationality. For democracy. For freedom from fear.

 私たちのこの運動は、理性を求め、民主主義を求め、恐怖からの自由を求める運動です。

 

We are campaigners from 468 organisations who are working to safeguard the future, and we are representative of the moral majority: the billions of people who choose life over death, who together will see the end of nuclear weapons.

 私たちは、未来を守るために活動する468団体からの運動員です。道義上の多数派の代表者です。死よりも生を選ぶ数十億人の代表者です。私たちは共に、核兵器の終わりを見届けます。

 

Thank you.

 ご静聴ありがとうございました。

Setsuko Thurlow / Sueviver Hiroshima

サーロー節子 / カナダ在住の被爆者、反核運動家

Profile

1932年、広島県生まれ。広島女学院在学中、広島原爆投下で被爆、建物の下敷きになったが九死に一生を得た。1954年米国に留学、リンチバーグ大学英語版)で1年間社会学を学んだ。

1955年ワシントンD.C.でカナダ出身の関西学院英語教師結婚[1][2]。夫婦でトロントに移住し、トロント大学社会福祉事業の修士号を取得、ソーシャルワーカーになった

Speech

Speech

Your Majesties,

Distinguished members of the Norwegian Nobel Committee,

My fellow campaigners, here and throughout the world,

Ladies and gentlemen,

 両陛下、ノルウェー・ノーベル委員会の著名なメンバーの皆様、ここと世界中におられる運動家の仲間たち、淑女、紳士の皆様、

 

It is a great privilege to accept this award, together with Beatrice, on behalf of all the remarkable human beings who form the ICAN movement. 

  この賞をベアトリスとともに、ICAN運動にかかわる類いまれなる全ての人たちを代表して受け取ることは、大変な光栄です。

 

You each give me such tremendous hope that we can - and will - bring the era of nuclear weapons to an end.

 皆さん一人一人が、核兵器の時代を終わらせることは可能であるし、私たちはそれを成し遂げるのだという大いなる希望を与えてくれます。

 

I speak as a member of the family of hibakusha - those of us who, by some miraculous chance, survived the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki. 

 私は、広島と長崎の原爆投下から生き延びた被爆者の一人としてお話をします。

 

For more than seven decades, we have worked for the total abolition of nuclear weapons.

 私たち被爆者は、70年以上にわたり、核兵器の完全廃絶のために努力をしてきました。

 

We have stood in solidarity with those harmed by the production and testing of these horrific weapons around the world. 

 私たちは、世界中でこの恐ろしい兵器の生産と実験のために被害を受けてきた人々と連帯しています。

 

People from places with long-forgotten names, like Moruroa, Ekker, Semipalatinsk, Maralinga, Bikini. 

 長く忘れられてきた、ムルロア、エッケル、セミパラチンスク、マラリンガ、ビキニなどの人々と。

 

People whose lands and seas were irradiated, whose bodies were experimented upon, whose cultures were forever disrupted.

 その土地と海を放射線により汚染され、その体を実験に供され、その文化を永遠に混乱させられた人々と。

 

We were not content to be victims. 

 私たちは、被害者であることに甘んじていられません。

 

We refused to wait for an immediate fiery end or the slow poisoning of our world. 

 私たちは、世界が大爆発して終わることも、緩慢に毒に侵されていくことも受け入れません。

 

We refused to sit idly in terror as the so-called great powers took us past nuclear dusk and brought us recklessly close to nuclear midnight. 

 私たちは、大国と呼ばれる国々が私たちを核の夕暮れからさらに核の深夜へと無謀にも導いていこうとする中で、恐れの中でただ無為に座していることを拒みます。

 

We rose up. 

 私たちは立ち上がったのです。

 

We shared our stories of survival. 

 私たちは、私たちが生きる物語を語り始めました。

 

We said: humanity and nuclear weapons cannot coexist.

 核兵器と人類は共存できない、と。

 

Today, I want you to feel in this hall the presence of all those who perished in Hiroshima and Nagasaki. 

 今日、私は皆さんに、この会場において、広島と長崎で非業の死を遂げた全ての人々の存在を感じていただきたいと思います。

 

I want you to feel, above and around us, a great cloud of a quarter million souls. 

 皆さんに、私たちの上に、そして私たちのまわりに、25万人の魂の大きな固まりを感じ取っていただきたいと思います。

 

Each person had a name. 

 その一人ひとりには名前がありました。

 

Each person was loved by someone. 

 一人ひとりが、誰かに愛されていました。

 

Let us ensure that their deaths were not in vain.

 彼らの死を無駄にしてはなりません。

 

I was just 13 years old when the United States dropped the first atomic bomb, on my city Hiroshima. 

 米国が最初の核兵器を私の暮らす広島の街に落としたとき、私は13歳でした。

 

I still vividly remember that morning. 

 私はその朝のことを覚えています。

 

At 8:15, I saw a blinding bluish-white flash from the window. 

 8時15分、私は目をくらます青白い閃光(せんこう)を見ました。

 

I remember having the sensation of floating in the air.

 私は、宙に浮く感じがしたのを覚えています。

 

As I regained consciousness in the silence and darkness, I found myself pinned by the collapsed building. 

 静寂と暗闇の中で意識が戻ったとき、私は、自分が壊れた建物の下で身動きがとれなくなっていることに気がつきました。私は死に直面していることがわかりました。

 

I began to hear my classmates' faint cries: "Mother, help me. God, help me."

 私の同級生たちが「お母さん、助けて。神様、助けてください」と、かすれる声で叫んでいるのが聞こえ始めました。

 

Then, suddenly, I felt hands touching my left shoulder, and heard a man saying: 

 そのとき突然、私の左肩を触る手があることに気がつきました。

 

"Don't give up! 

 その人は「あきらめるな! 

 

Keep pushing! 

 (がれきを)押し続けろ! 蹴り続けろ! 

 

I am trying to free you. 

 あなたを助けてあげるから。

 

See the light coming through that opening? 

 あの隙間から光が入ってくるのが見えるだろう?

 

Crawl towards it as quickly as you can." 

 そこに向かって、なるべく早く、はって行きなさい」と言うのです。

 

As I crawled out, the ruins were on fire. 

 私がそこからはい出てみると、崩壊した建物は燃えていました。

 

Most of my classmates in that building were burned to death alive. 

 その建物の中にいた私の同級生のほとんどは、生きたまま焼き殺されていきました。

 

I saw all around me utter, unimaginable devastation.

 私の周囲全体にはひどい、想像を超えた廃虚がありました。

 

Processions of ghostly figures shuffled by. 

 幽霊のような姿の人たちが、足を引きずりながら行列をなして歩いていきました。

 

Grotesquely wounded people, they were bleeding, burnt, blackened and swollen. 

 恐ろしいまでに傷ついた人々は、血を流し、やけどを負い、黒こげになり、膨れあがっていました。

 

Parts of their bodies were missing. 

 体の一部を失った人たち。

 

Flesh and skin hung from their bones. 

 肉や皮が体から垂れ下がっている人たち。

 

Some with their eyeballs hanging in their hands. 

 飛び出た眼球を手に持っている人たち。

 

Some with their bellies burst open, their intestines hanging out. 

 おなかが裂けて開き、腸が飛び出て垂れ下がっている人たち。

 

The foul stench of burnt human flesh filled the air.

 人体の焼ける悪臭が、そこら中に蔓延していました。

 

Thus, with one bomb my beloved city was obliterated. 

 このように、一発の爆弾で私が愛した街は完全に破壊されました。

 

Most of its residents were civilians who were incinerated, vaporized, carbonized - 

 住民のほとんどは一般市民でしたが、彼らは燃えて灰と化し、蒸発し、黒こげの炭となりました。

 

among them, members of my own family and 351 of my schoolmates.

 その中には、私の家族や、351人の同級生もいました。

 

In the weeks, months and years that followed, many thousands more would die, often in random and mysterious ways, from the delayed effects of radiation. 

 その後、数週間、数カ月、数年にわたり、何千人もの人たちが、放射線の遅発的な影響によって、次々と不可解な形で亡くなっていきました。

 

Still to this day, radiation is killing survivors.

 今日なお、放射線は被爆者たちの命を奪っています。

 

Whenever I remember Hiroshima, the first image that comes to mind is of my four-year-old nephew, Eiji - 

 広島について思い出すとき、私の頭に最初に浮かぶのは4歳のおい、英治です。

 

his little body transformed into an unrecognizable melted chunk of flesh. 

 彼の小さな体は、何者か判別もできない溶けた肉の塊に変わってしまいました。

 

He kept begging for water in a faint voice until his death released him from agony.

 彼はかすれた声で水を求め続けていましたが、息を引き取り、苦しみから解放されました。

 

To me, he came to represent all the innocent children of the world, threatened as they are at this very moment by nuclear weapons. 

 私にとって彼は、世界で今まさに核兵器によって脅されているすべての罪のない子どもたちを代表しています。

 

Every second of every day, nuclear weapons endanger everyone we love and everything we hold dear. 

 毎日、毎秒、核兵器は、私たちの愛するすべての人を、私たちの親しむすべての物を、危機にさらしています。

 

We must not tolerate this insanity any longer.

 私たちは、この異常さをこれ以上、許していてはなりません。

 

Through our agony and the sheer struggle to survive - and to rebuild our lives from the ashes - we hibakusha became convinced that we must warn the world about these apocalyptic weapons. 

 私たち被爆者は、苦しみと生き残るための真の闘いを通じて、灰の中から生き返るために、この世に終わりをもたらす核兵器について世界に警告しなければならないと確信しました。

 

Time and again, we shared our testimonies.

 くり返し、私たちは証言をしてきました。

 

But still some refused to see Hiroshima and Nagasaki as atrocities - as war crimes. 

 それにもかかわらず、広島と長崎の残虐行為を戦争犯罪と認めない人たちがいます。

 

They accepted the propaganda that these were "good bombs" that had ended a "just war". 

 彼らは、これは「正義の戦争」を終わらせた「よい爆弾」だったというプロパガンダを受け入れています。

 

It was this myth that led to the disastrous nuclear arms race - a race that continues to this day.

 この神話こそが、今日まで続く悲惨な核軍備競争を導いているのです。

 

Nine nations still threaten to incinerate entire cities, to destroy life on earth, to make our beautiful world uninhabitable for future generations. 

 9カ国は、都市全体を燃やし尽くし、地球上の生命を破壊し、この美しい世界を将来世代が暮らしていけないものにすると脅し続けています。

 

The development of nuclear weapons signifies not a country's elevation to greatness, but its descent to the darkest depths of depravity. 

 核兵器の開発は、国家の偉大さが高まることを表すものではなく、国家が暗黒のふちへと堕落することを表しています。

 

These weapons are not a necessary evil; they are the ultimate evil.

 核兵器は必要悪ではなく、絶対悪です。

 

On the seventh of July this year, I was overwhelmed with joy when a great majority of the world's nations voted to adopt the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons. 

  今年7月7日、世界の圧倒的多数の国々が核兵器禁止条約を投票により採択したとき、私は喜びで感極まりました。

 

Having witnessed humanity at its worst, I witnessed, that day, humanity at its best. 

 かつて人類の最悪のときを目の当たりにした私は、この日、人類の最良のときを目の当たりにしました。

 

We hibakusha had been waiting for the ban for seventy-two years. 

 私たち被爆者は、72年にわたり、核兵器の禁止を待ち望んできました。

 

Let this be the beginning of the end of nuclear weapons.

 これを、核兵器の終わりの始まりにしようではありませんか。

 

All responsible leaders will sign this treaty. 

  責任ある指導者であるなら、必ずや、この条約に署名するでしょう。

 

And history will judge harshly those who reject it. 

 そして歴史は、これを拒む者たちを厳しく裁くでしょう。

 

No longer shall their abstract theories mask the genocidal reality of their practices. 

 彼らの抽象的な理論は、それが実は大量虐殺に他ならないという現実をもはや隠し通すことができません。

 

No longer shall "deterrence" be viewed as anything but a deterrent to disarmament. 

 「核抑止」なるものは、軍縮を抑止するものでしかないことはもはや明らかです。

 

No longer shall we live under a mushroom cloud of fear.

 私たちはもはや、恐怖のキノコ雲の下で生きることはしないのです。

 

To the officials of nuclear-armed nations - and to their accomplices under the so-called "nuclear umbrella" - I say this:

 核武装国の政府の皆さんに、そして、「核の傘」なるものの下で共犯者となっている国々の政府の皆さんに申し上げたい。

 

 Listen to our testimony. Heed our warning. 

 私たちの証言を聞き、私たちの警告を心に留めなさい。

 

And know that your actions are consequential. 

 そうすれば、必ずや、あなたたちは行動することになることを知るでしょう。

 

You are each an integral part of a system of violence that is endangering humankind. 

 あなたたちは皆、人類を危機にさらしている暴力システムに欠かせない一部分なのです。

 

Let us all be alert to the banality of evil.

 私たちは皆、悪の凡庸さに気づかなければなりません。

 

To every president and prime minister of every nation of the world, I beseech you: 

  世界のすべての国の大統領や首相たちに懇願します。

 

Join this treaty; forever eradicate the threat of nuclear annihilation.

 核兵器禁止条約に参加し、核による絶滅の脅威を永遠に除去してください。

 

When I was a 13-year-old girl, trapped in the smouldering rubble, I kept pushing. I kept moving toward the light. 

 私は13歳の少女だったときに、くすぶるがれきの中に捕らえられながら、前に進み続け、光に向かって動き続けました。

 

And I survived. 

 そして生き残りました。

 

Our light now is the ban treaty. 

 今、私たちの光は核兵器禁止条約です。

 

To all in this hall and all listening around the world, I repeat those words that I heard called to me in the ruins of Hiroshima: 

 この会場にいるすべての皆さんと、これを聞いている世界中のすべての皆さんに対して、広島の廃虚の中で私が聞いた言葉をくり返したいと思います。

 

"Don't give up! 

 「あきらめるな! 

 

Keep pushing! 

 (がれきを)押し続けろ! 動き続けろ!  

 

See the light? 

 光が見えるだろう?

 

Crawl towards it."

 そこに向かってはって行け」

 

Tonight, as we march through the streets of Oslo with torches aflame, let us follow each other out of the dark night of nuclear terror. 

 今夜、私たちがオスロの街をたいまつをともして行進するにあたり、核の恐怖の闇夜からお互いを救い出しましょう。

 

No matter what obstacles we face, we will keep moving and keep pushing and keep sharing this light with others. 

 どのような障害に直面しようとも、私たちは動き続け、前に進み続け、この光を分かち合い続けます。

 

This is our passion and commitment for our one precious world to survive.

 この光は、この一つの尊い世界が生き続けるための私たちの情熱であり、誓いなのです。

出典:(プロフィール:Wikipedia英語版・日本語版、スピーチ英文:Noberprize.org、同和訳:朝日新聞デジタル・東京新聞)