September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【常緑音楽館便り】#1175〜天下の美少年もおっさんになる、の巻

August 26, 2018

2018.8.26(日)

 

 1971年の製作だが、肝心の英国・米国では惨憺たる失敗に終わったものの、とりわけ日本と南米では大ヒットした変わり種の英国映画が「小さな恋のメロディ」。

 宮沢りえ主演の日本の『ぼくらの七日間戦争』(1988)に通じる「大人社会からの独立戦争」という趣がある映画だった。

 主演はマーク・レスターとトレイシー・ハイド。
 特にマークの美少年ぶりに女性陣が熱狂し、映画はテレビで何度も再放送された。

 そのマーク君も10年足らずで引退し整骨院長となり早40年。先月、還暦を迎えた。
 来年俳優にカムバックするとの話もあるようだ。
 目の辺りは当時をやや偲ばせるものの(写真右)、もはや完全に「おっさん」である。人生の宿命である。

 Evergreen Music通算1175曲目は、この映画の中の運動会のシーンで流れるビージーズのこの曲(メイン・テーマ「メロディ・フェア」、挿入曲「若葉のころ」は既出)。

 ギブ3兄弟で結成されたビージーズも、うちモーリスとロビンの2人が死去し6年前に消滅した。

 

 

 ♬ Words(1968) / The Bee Gees 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square