September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【白河の関を超えろ】

August 20, 2018

2018.8.20(月)

 

 昭和46年夏の日。
 中学校の同級会は、会食もそこそこに、神奈川の桐蔭学園と福島県の磐城高校の決勝戦の実況放送に皆、釘付け。

 磐城の投手田村は、3試合連続無失点・完封で決勝に進出、桐蔭の大塚投手も4試合で2失点と緊迫した投手戦に。
 しかし再三のチャンスに磐城は1本が出ず、1-0でゲームセット。
 あと一歩で「白河の関」を超えようとしていた優勝旗も目前で逃してしまい、同級生全員でがっくり来たものです。以後も、東北勢が優勝したことはありません。

 今回、秋田の金足農が103年ぶりの決勝進出。
 全県どころか全東北、農業界が「金農フィーバー」に沸いています。
 いわきの田村投手は「小さな大投手」と呼ばれましたが、金足農エースの吉田投手も、100回目甲子園ナンバーワンの大投手と言って良いでしょう。

 100回記念大会にふさわしいミラクル勝利をぜひモノにし、初の優勝旗「白河の関」超えを実現することを同じ東北人として強く期待するものです。

 

 

****************************************

 

夏の高校野球 秋田県内が「金農フィーバー」

毎日新聞2018年8月20日

決勝進出を決めた瞬間に歓喜する人たち=秋田市で2018年8月20日

 

 秋田県勢としては、1915年の第1回大会以来実に103年ぶりの決勝進出を果たした金足農(秋田市)。優勝すれば県勢だけでなく、東北勢としても夏の甲子園初優勝となる。県内各地のパブリックビューイング(PV)の会場では、勝利が決まると感極まり、泣き出す人も。全県が「金農フィーバー」に沸いている。

     秋田市中心部の広場「エリアなかいち」では、約1000人が駆けつけた。用意された300席は満席で立ち見が続出。点が入る度に「金農カラー」の紫色の帽子をかぶった人たちが次々とハイタッチした。仕事の昼休み時間に駆けつけた会社員、高橋学人(まなと)さん(32)は「勤務中から試合展開が気になって、気になって」。JR秋田駅構内の応援メッセージボードには、「雑草魂で優勝」などの書き込みが相次ぎ、寄せ書きスペースがなくなった。

     エースの吉田輝星(こうせい)ら出身者4人が出場している同県潟上市でも市役所内の大型画面前に市民らが集結。吉田が所属していたスポーツ少年団の小学6年、登藤(とどう)海優史(みゅうじ)さん(11)は「ピンチでも表情を変えないところがすごい。次も抑えて」と期待を込めた。

     金足農は出場校中、唯一の農業高校で、生産者の応援ムードも高まっている。秋田市の「JA秋田なまはげ」は、大会前に名産の「あきたこまち」100キロと「わかみメロン」25玉を野球部に贈呈済み。野球部OBでもある佐々木崇総務課長は「全県民が応援している。決勝でも力を発揮してほしい」とエールを送っていた。

      https://mainichi.jp/kos…/articles/20180821/…/00m/050/074000c

    Share on Facebook
    Share on Twitter
    Please reload

    ソーシャルメディア

    I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

    Please reload

    タグから検索
    Please reload

    アーカイブ