September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【常緑音楽館便り】#641〜17歳のころ

August 5, 2015

2015.8.5(水)

 

 最近、安保法案を巡って「SEALDs」という大学生のグループに続き「T-ns Sowl」とい高校生のグループが渋谷や原宿でデモ行進したというニュースで持ちきりとなった。
 高校生というのは感受性の強い年頃だが、ニュースを聞いてこの曲を思い出した。

 演じるジャニス・イアン (Janis Ian, 1951- )は、10代の天才少女として騒がれながら、その後は苦労の絶えない生活。
 1975年、24歳の時に多感な思春期の想い出を綴ったこの曲でカムバック、全米(Cash Box)No.1になり、グラミー賞も獲得。日本とヨーロッパで絶大な人気を得た。

 中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」を英語歌詞でカバーした「Headlight Taillight」をリリースしたり、NHKアサイチで活躍するアッキーこと篠山輝信の母・南沙織(歌手デビューは「17才」)に楽曲(「哀しい妖精 」1976)を提供するなどもしている。

 Evergreen Music 通算641曲目は1976年グラミー賞授賞式でのライブ。MCをする亡きアンディ・ウィリアムズの顔も見える。
 このとき最優秀女性ポップス賞(Best Pop Vocal Performance Female)を争ったのがHelen Reddy、Olivia Newton-John、Linda Ronstadt、Judy Collinsというのだから、いかにすごかったかが分かる。

 

 ♬ At Seventeen(17歳のころ)/ Janis Ian (1976 GRAMMY Awards)

 

 


  

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square