September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【ドローン・オスプレイ】

May 12, 2015

2015.5.12(火)

 
 「自民党がドローン禁止法素案をまとめました。確かに国会議事堂や総理大臣官邸、最高裁判所、皇居、外国の大使館などは重要施設なのでするから、当然守るべきです。ならば、条文案にある「小型無人機の飛行を禁止する」を「オスプレイを含む全ての飛行体の飛行を禁止する」に改めるべきではないでしょうか」

と声高に叫ぶ人がいるのを偶然目撃しました。

 〜毒舌悪態亭亭主より〜

 

 ◉ 自民党がドローン禁止法素案
 

  ドローン飛行禁止、皇居や最高裁も 自民が規制法案

  2015/5/13 日本経済新聞

 

 自民党は13日午前、小型の無人飛行機「ドローン」の飛行規制に関する部会の合同会議を開き、今国会に議員立法で提出する法案を了承した。飛行禁止空域の対象として首相官邸や国会のほか皇居や最高裁判所も明記した。違反者に1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す。公明党や野党に賛同を呼びかけ、今国会中の成立をめざす。

 飛行禁止の対象は、国会議員がいる政党が要請した場合、総務相がその政党の事務所を禁止対象に定める。各国の大使館など在外公館は外相が必要と判断すれば対象に指定できる。

 対象となった施設の境界線から外側300メートルを基準に「周辺地域」とし、その上空も飛行禁止区域に設定する。周辺地域上空で飛行させた場合は警察官が退去を命じ、従わなければ罰則を科す。

 自民党は4月に官邸屋上でドローンが見つかった事件を受け、小委員会を設置して検討を進めていた。議員立法とは別に、政府は購入時の登録義務付けも含めた法規制を検討している。

 

 ◉ 横田基地オスプレイ配備 地元に説明

 

横田基地へのオスプレイ配備計画、地元の市長らは反発!日本政府は安全性強調も事故率は従来型より上に!市長「誠に遺憾」

2015/05/12 情報速報ドットコム

 

 東京都の横田基地にアメリカ軍のオスプレイが10機配備されることが決定しましたが、これに対して地元住民からは批判の声が出ています。米軍横田基地に隣接しているのは福生市など5市町で、地元の市長らは「突然の配備の申し入れは誠に遺憾」などと抗議のコメントを発表しました。配備されるのは沖縄に配備される米海兵隊のMV22オスプレイに比べ、事故率が高いとされるCV22という特殊部隊や空軍仕様のオスプレイです。MV22よりも事故率が3倍ほど高く、アメリカ側は低空訓練や夜間訓練等も実施すると発表しています。計画では2017年後半に3機、2021年までに7機の計10機のオスプレイを配備する予定です。日本政府は対象の町にオスプレイ配備の理由などを説明すると同時に、会見を開いてオスプレイの安全性を強調しました。中谷元・防衛相は記者会見で「オスプレイは、アジア・太平洋地域の複数箇所に所在する米軍の特殊作戦部隊を輸送する任務がある」と述べ、オスプレイの有用性をアピールしました。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square