September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【違憲”状態”の人々】

November 26, 2014

2014.11.26(水)

 

 最高裁大法廷が、「1票の格差問題」で昨年参院選は「違憲状態」の判決。
 え〜? 違憲「状態」ってなんだ?
 違憲と違憲状態の違いってなんなんだ?
 はっきりと違いが分かる人、手を上げてみて。
 100点満点で10点と評価するという程度のことを、屁理屈を駆使し、いかにも勿体ぶって言っているだけなんじゃないかい?
 いやあ、法の番人たる最高裁がこれじゃあねえ。
 最高裁という存在、そして屁理屈を並べる最高裁裁判官の脳内状態こそ「Unconstitutional State / 違憲”状態”」なのではないか?
 とつぶやいている人を、たまたま見かけた。

 

​****************************************

 

13年参院選「違憲状態」 1票の格差、最高裁 抜本是正求める 

2014/11/26 日本経済新聞

 

 昨年7月の参院選を巡り、「1票の格差」が最大4.77倍だった選挙区の定数配分が違憲かどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は26日、「違憲状態」とする判断を示した。「都道府県単位の選挙方法を改めるなどの改革が必要」とし、国会に次回2016年参院選までの抜本的な是正を強く求めた。

 最高裁は前々回の10年参院選(最大格差5.00倍)も12年の大法廷判決で違憲状態としており、参院選について連続で違憲状態としたのは初。

 最高裁はこの日の判決で、「4増4減」の定数是正により5倍を切った格差をなお「著しい不平等状態」と指摘した。ただ、16年選挙に向けた国会の改革姿勢などを考慮し、13年選挙までに区割りなどの是正に至らなかったのは「国会の裁量権の範囲内」と判断。「違憲」とまではせず、選挙無効の訴えを退けた。

 そのうえで「都道府県単位の区割り方式を改めるなど、現行の選挙制度自体を見直して不平等状態を解消する必要がある」と強調した。

 判決は15人の裁判官のうち11人の多数意見。他の4人は「国会の裁量権の限界を超えている」などとして「違憲」とする反対意見を述べた。うち1人は、参院選を巡る個別意見として初めて「選挙を無効とすべき」と踏み込んだ。

 13年参院選を巡っては、2つの弁護士グループが各地の選挙管理委員会を相手に選挙無効を求めて16件の訴訟を起こした。一審の高裁では3件が違憲とし、うち広島高裁岡山支部は参院選で初めて選挙無効とした。残る13件も違憲状態と判断し、合憲はゼロだった。

 

 


  

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square