September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【言うに事欠いて】

September 16, 2014

2014.9.16(火)

 

 辞める男は、ニコニコ笑いながら余計なことを言うんじゃない!
 三選不出馬表明後の解放感、燃え尽き症候群で、ついに頭の中が呆(ほう)けてしまったのか!

 国道6号の再開通14.3km区間の平均線量は3.8μSv/h、最大値17.3μSv/hで、車窓の開閉、バイク運転も禁止の区間だぞ!

 いったい臨床試験(治験)でもやりたいのか。
 だったら、県庁知事室内に治験審査委員会(治験の倫理性、安全性、科学的妥当性を審査する委員会 / Institutional Review Board=IRB)を設置すべきじゃないか。
 そんなんだったら、あなたが全区間1人で聖火を持って、ゆっくり走れば良い。その頃は、どうせヒマになってるだろうから。

 後継指名を受けた内堀さん、これも引き継ぐ気か?

 

​****************************************

 

聖火リレー国道6号で 福島知事、組織委に要望 東京五輪

2014.9.17 河北新報

 

 

 福島県の佐藤雄平知事は17日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長と県庁で会談した。佐藤知事は会談後、記者会見し、聖火リレーについて「被災地の浜通りにある国道6号を通ってほしい」と述べた。
 会見に同席した森会長は「知事から詳しく要望を出してもらい、十分に検討したい」と語った。知事は「福島第1原発事故から福島が立ち直っていることを発信したい」と強調した。
 森会長は、原発事故による風評で福島に海外から選手が来ないと懸念されていることに言及。「福島で海外の代表合宿ができないなんてことがあってはならない。日本代表が率先して福島で合宿し、安全だとアピールしなければならない」と答えた。
 両氏は会見に先立ち、東日本大震災と原発事故からの復興に向け、組織委と県が連携して五輪関連の事業を推進するとの共同文書を交わした。
 森氏は16日、岩手、宮城両県を訪問した

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square