September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【コントラスト】

June 13, 2014

2014.6.13(金)

 

 新潟県の安定ヨウ素剤未調達事件について、担当職員の懲戒免職はきついと思いますが、第三者が容喙(ようかい)すべきことではないでしょう。

 しかし、結果として実害がなかった中でも、泉田知事が自らの報酬を2割カットし責任をとったことは、当然とはいえ、さすがだと思います。

 それに反し、福島県では、プルサーマル実施受け入れ、東電に対する「放射能による健康被害の心配はない」旨の発表要請、SPEEDIデータの消去、安定ヨウ剤服用指示権限の不行使、いったん発表した県産農産物(コメ)の安全宣言の撤回、県議会における「原発は人災」認識表示の回避、福島県民健康(管理)調査の「秘密会」開催の問題等々、数多くの問題が惹起しました。

 にもかかわらず、部下である末端職員の処分は一部したものの、あらゆる事態の結果責任を負うべき知事自身が、陳謝とか謝罪の言葉はあっても、これまで自らの「処分」を提起した形跡がありません。

 この彼我(隣県)知事のコントラストを、一体どう考えたら良いのか。。。
 ビフォー・アフターじゃないけれど、「何ということでしょう!!」

 

​****************************************

 

 

ヨウ素剤未配備で新潟県職員免職 知事も給料減額

6月 13th, 2014  共同通信

 

 

 新潟県は13日、東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)の過酷事故に備えた安定ヨウ素剤を一部配備していなかった問題で、担当していた福祉保健部医務薬事課の伊藤潤一主査(40)を懲戒免職とし、上司ら16人を減給や戒告などの処分にした。泉田裕彦知事も給料を減額1カ月(10分の2)とする。

13日に記者会見した泉田知事は、県政への信頼を失ったとし「このような結果を招いておわびする」と謝罪した。

県は、2012年度中に購入予定だった甲状腺被ばくを防ぐヨウ素剤約132万錠を購入せず、同原発の10~30キロ圏で1年以上配備などしていなかった。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square