September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【まさに!】

May 5, 2014

 

2014.5.5(月)

 

​****************************************

 

「チャップリン」の史上もっとも感動的なスピ­ーチ。

 

この演説は「独裁者」の1シーンです。

「独裁者」はチャップリンが

アドルフ・ヒトラーの独裁政治を批判した作品で、

ヒトラーとナチズムに対して

非常に大胆に非難と風刺をしつつ、

ヨーロッパにおけるユダヤ人の苦況を

コミカルながらも生々しく描いています。

1940年10月15日にアメリカ合衆国で

初公開されましたが、当時のアメリカは

ナチの戦争とはいまだ無縁であり平和を享受していたが、

この映画はそんなアメリカの世相からかけ離れた内容でした。

ヒトラーを連想させる独裁者と顔が瓜二つである主人公が、

独裁者と間違えられ演説の場に。

ヒトラーの演説を想起させる場面で、

主人公はそれとは全く逆の

ヒューマニズムに基づく演説を行います。

この演説はチャーリー・チップリン自身によって書かれたスピーチで、

史上もっとも感動的なスピ­ーチとも言われ

今でも世界中に広められています。

それでは動画をご覧ください。

 

📺チャップリンの史上ベストスピーチ

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square