September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【腐り切った東電】

February 7, 2013

2013.2.7(木)

 

 福島原発でのデータ改ざんでもそうだったが、東電は腐り切っている。
 国会事故調は4つの事故調の中では最も出来の良い報告をしたとは思う(SPEEDIについての判断を除く)が、極めて肝心な部分が、このような妨害にあっていたとは。
 やっぱり、国会事故調にだけ与えられた伝家の宝刀「国政調査権」を抜くべきだった。

 

​****************************************

 

東電、国会事故調にウソ 「原発内真っ暗」→調査断念

2013年2月7日 朝日新聞

 

 東京電力が昨年2月、福島第一原発1号機の現地調査を決めた国会事故調査委員会に、原子炉が入る建物の内部は明かりが差し、照明も使えるのに、「真っ暗」と虚偽の説明をしていたことがわかった。国会事故調は重要機器の非常用復水器が、東電の主張と違って地震直後に壊れた可能性があるとして確かめるつもりだったが、この説明で調査を断念した。

 国会事故調は解散しているが、現地調査の責任者だった田中三彦元委員(元原子炉設計技術者)は東電の虚偽説明で調査を妨害されたとして7日にも、衆参両院議長に非常用復水器の調査実施を申し入れる方針。

 国会事故調は、2011年3月11日の地震発生直後に1号機原子炉建屋の4階で「出水があった」との目撃証言を複数の下請け会社の労働者から得た。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square