September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【どっちが大事だ?】

September 6, 2012

2012.9.6(木)

 

 細野さん、出るな。意義がないし、選挙の顔なんて無茶話だ。今はとにかく福島に全力を。代表選どころではないはずだ。

 

****************************************

 

細野氏、民主代表選不出馬を表明 原口氏が立候補へ

2012年9月7日 日本経済新聞

 

 

 細野豪志環境相は7日、首相官邸で野田佳彦首相と会談し、民主党代表選(10日告示、21日投開票)への立候補を見送る考えを伝え、首相支持を表明した。首相は7日夕に記者会見し、正式に立候補を表明する。一方、原口一博元総務相は推薦人確保にめどをつけ、立候補する考えを明らかにした。

 細野氏は野田首相との会談で、「私自身は出馬しない」と伝えた。これに対して首相は、細野氏の立候補を求める声が強かったことを念頭に「今の民主党に対して非常に厳しい認識があるということの表れだと思う」と述べたという。細野氏は会談後、記者団に「若輩なので自分で望んでやるという思いはなかったが、悩みに悩んだ。福島をはじめ被災地の首長の皆さんが連日来ておられるし、まだまだ課題がたくさんある。自分の役割はないがしろにできない」と説明した。

 これに先立ち、細野氏は立候補を要請した小川淳也衆院議員や鹿野道彦前農林水産相グループの幹部らと国会内で会談し、「福島の復興が滞ってしまう。力不足で申し訳ない」と伝えた。なおも立候補を促す意見が出たものの、「首相には党の分裂が進んでしまった状況を把握するように伝えたい」と述べたという。

 細野氏の立候補見送りで、党内には首相再選の流れが強まったとの見方が広がる。旧民社党グループは7日の会合で首相を支持する方針を確認。会長の田中慶秋副代表は直後に首相に電話し、支持する考えを伝えた。首相は「感謝します」と応じたという。

 一方、原口元総務相は7日午前、立候補に意欲を示していた山田正彦元農水相と国会内で会談。「TPP(環太平洋経済連携協定)交渉不参加」「脱原発実現」などの政策協定を結び、山田氏が原口氏の支援に回ることで合意した。原口氏は「山田氏の思いを無にすることは絶対にない」と立候補を表明した。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア