September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【我が輩はテロリストの首謀者なのか?】

August 1, 2012

2012.8.1(水)

 

 今、「エネルギー・環境の選択肢に関する福島県民の意見を聴く会」に参加し、発表者の意見を聴いている。

 会場はもっと入れるはずだが、政府関係者、報道関係者のシートが思った以上に多く、一般参加者は100人台程度か(ロクに報道しない大手メディアの席など必要ないのでは?)。

 福島県での開催なので当然といえば当然だが、一部論旨が不明の人もいたものの、ほぼ全員が2030年のエネルギーについて、原発の占める割合をゼロパーセントにすべき、原発は即刻廃炉にすべきとの意見を発表。
 これに対し、多くの賛同の拍手が贈られている。

 それにしても、会場に入るのに、空港じゃあるまいし、X線チェック。
 少しわからないじゃないが、まるで自分がテロリストの首謀者になったような非常に不快な気分を味わった。

 意見発表は、相当時間をオーバーしながらまだまだ続いている。7時近くまでかかるか?

 なお、「刻刻報告」はこちらでやっているようです。

 

 

​****************************************

 

福島エネルギー選択肢意見聴取会 前半15人

 

まとめ

 

細野大臣「政府を代表して、心よりお詫びを申し上げます。ご発言できなかった方は、お手元のアンケートにお書きください。しっかり受け止めて、これからのエネルギー政策への材料とさせていただきます。聴取会の中でも、最も重要な聴取会だと思っております」

 

政府資料の説明は清水内閣審議官。 政府の資料はこちら→ http://t.co/R03xJD1A  聴取会には登場しませんが、NGO共同の「選択肢ガイドブック」はこちら→ http://t.co/tQhGMiJS ぜひ併せてお読みください。

 

福島市えんどうさん、会社員。30年ほど前に双葉町で原発増設を巡っての公開ヒアリングがあったが、東電が潜り込み、賛成意見をいうものだった。言いたいのは、一番反省しなければならない人たちが、事故が収束してもいないのに、なぜ、再稼動なのか。%ではない。

 

伊達市はがさん。即時廃炉求める。日々出る放射能の管理。被ばくからどう健康を守るか。再生エネの推進。それにすべての叡智を結集して。こんなつたない言葉でしか言えないわたしが何故ここに来たか。それは、何度署名しても霞が関に行っても、伝わらなかったから。ほたるの飛ぶ里に、放射性物質の仮置き場ができる。つらい。資料には原発コストが安いと書いてある。資料には国際貢献と書いてある。原発作って、原発輸出してなんで国際貢献か。資料作る人に、国民が正しい選択できるように作ってほしい。

 

ばばさん。大学生。反対意見を無視してきたから事故が起こった。反対意見を押しつぶしてはならない。

 

田村市。工務店の方(お名前ごめんなさい)。0案を支持。ふつう、事故が起こったら、調査して、検証して、進めていく。福島事故でそれは行われているか。いくつかの原発で活断層問題がある。全原発で調査したか。それがあっての討論会開催ではないのか。 経済や社会情勢に影響受けないのが地域で作るエネルギー。311以降、大量生産・消費でよいかと思い始めた方多い。企業も改革を。家庭では暖房・冷房・お風呂だが、これは40度とか外気差5度とか低レベル。再エネの利用可能。

 

田村市の方。もの心ついたときには原発が当たり前にあった。今、その決断した人に責任を負わせるのは難しい。今、私たちが正しい判断を下さなければ。福島原発事故の責任の所在、いまだ不明確。原発は不要。安くない。もともとの目的は発電だけでもなかったようだ。放射性廃棄物については30年以内に最終処分とされている。。それは可能か。問題の棚上げだ。売り良し、買いよし、世間よしという言葉あるが、原発は問題。私は白紙委任していない。

 

福島在住のばばさん。外で入れない方いる。中の空席に入れてあげてください。15案について。現時点では再稼動に100%反対。安全性を保障した上で、期間限定条件つき。モニターや機器、隔離。無人観測飛行機。オフサイトには民間人でおかしなことあれば、情報公開。 テロ攻撃への対策。迎撃態勢あるか。避難している子どもたち返してあげて。除染をきちっとしてください。 (ここで、事務局が、外にいる方を空席に案内しますとアナウンス)

 

次の方。原発の依存度は、政府が決めるべきではないが、国民投票は49%の少数派を51%がつぶすやり方。原発の割合は消費者一人一人がどこ由来の電気を選ぶか、によるべき。その結果、消費者が環境にいいエネルギーを選べば原発はなくなる。そのために電力自由化を。

 

会津若松、にへいさん。無職。大臣も福島聴取会は特別と。意見概要は原発なくして、が圧倒的。アリバイに使わないで。全国の原発を直ちに廃炉に。事故までは原発のこと考えてこなかった。原発事故は戦争に共通。国策として推進され、国民は選択できなかった。使用済み核燃料の処分方法なく、事故となれば、取り返しの付かない被害。経済空洞化などというが、原発の選択ありえない。法治国家として、責任の所在を明らかに。団体・個人にも処罰を。国などへの不信は時間が解消するものではない。政府の説明はあたかも「0シナリオはむずかしいですよ」と言っているように聞こえる。原発ゼロは、100%とは言わないが、福島県人の心からの願い。

 

郡山市のいのうえとしおさん。県営住宅に住んでいる。自室の前は広場。大型遊具ある。そこで測定すると毎時0.8マイクロシーベルト。労働安全衛生法令では、必要ないものは立ち入らせてはならないというのは毎時0.6マイクロシーベルト。山下俊一氏率いる県民健康調査は、県民に信頼されていない。事故後、英国は国外退避させたが我が国はSPEEDI情報隠し、逃げ惑う住民を被ばくさせた。国の低線量被ばくWGは低線量の健康被害を軽視。政府の国際会議もまた。政府は倫理的混迷。年間100ミリシーベルト以下の健康影響は確認されていないというプロパガンダで福島集団疎開裁判の要求を却下。 世界は福島を見ている。

 

福島市のはなざわさん。「福島の声を聴いた」とアリバイに使わないで。福島の天気予報は毎朝放射線量を伝える。異常な経験。責任の所在が不明確な中、再稼動は論外。分断され、戻れない方がたくさんいる。母親たちは被ばくに恐れながら暮らしている。原発の危険性にも安全性にも無頓着だった。だが、事故で多くの県民が被ばくした。政府の事故収束宣言。政府の「世界最高水準の原発をつくる」発言。福島の犠牲の上にですか。また「国民の生活のため」再稼動。福島県民は国民ではないのか。原発の危険性にも安全性にも無頓着だった。だが、事故で多くの県民が被ばくした。政府の事故収束宣言。政府の「世界最高水準の原発をつくる」発言。福島の犠牲の上にですか。また「国民の生活のため」再稼動。福島県民は国民ではないのか。フィンランドの映画を見た。核処分場の看板に書いたあった言葉。 「ここは21世紀に処分された埋蔵場所。安全な場所に保管する必要があります。放射性物質は危険です。絶対に触れないでください。近づかなければ安全です。幸運を」

 

深川市のありまかつこさん。0案依然に、即時廃炉を。5人の子どももつ農家の嫁。原発のこと、他人事と思っていた自分に反省。申し入れ、デモ、集会、できることみんなやってきた。福島の仲間が言った「大変だったけど、これで原発は止まるね」ところが再稼動。子どもを守るため、文科省に駆け付けた。高木大臣は会ってくれなかった。学校20ミリシーベルトは撤回してくれなかった。なぜ、子どもを守らなければならない文科省が子どもを守らないか。健康被害防ぐ手立てが最優先のはずが、派閥争い。大飯原発再稼動のとき「私が責任を取ります」といったが、福島原発事故でだれか、責任をとったか。辞めるくらいでは責任をとることにならない。原発推進するなら、福島の放射能を一粒のこらずかたづけて。

 

富岡町から福島市へ避難しているなかのさん。即時廃炉求める。今年は暑いが、電力使用量は90%以下。原発再稼動不要。原子力規制委員会ができれば、原発は安全になるのか。地震・津波に耐える原発あるか。今すぐ廃炉に。ドイツにできてなぜ、日本でできないか処理方法がなく、ただ、水槽につけて、冷やさければならない使用済み核燃料がいったい日本にどれだけあるか。福島原発の廃炉は30年かかるという。何年先の子孫にまで負担を押し付けるのか。毎週金曜日のデモの声届いていると思う。廃炉を。

 

福島市のしいなさん。13年間宮城で自給的生活。かすかなお金、自分で食べもの作り、しあわせでした。それが311で根こそぎ奪われた。孫も来なくなった。駅前に子どもたちの施設。線量は0.5。人がいてはならない福島市。そこにマスクもせず子どもたちが。 これからどれだけ時間を重ねるんですか?そしてこの会に来てみれば、テロリスト扱いのような身体検査。アメリカの1%の利権のための核というではないか。なぜ、原発が用意されたのか、なぜ再稼動か、本当のことを教えてください。

 

わたなべかずのりさん。双葉郡富岡町。家にも職場にも帰れず避難生活。こに来たのは「福島の事故で亡くなった方いない」という意見を聞いて怒りを感じたから。避難中に、避難の後に、今、多くの人が亡くなっている。病に倒れている。自ら命を絶つ人も。テレビを見て、日本が終わってしまうのではと思った人もいたのではと思うが、これで日本が変わる、転換期と思った人もいると思う。それが、何事もなかったように再稼動。だが原発続ければ経済もたちいかない。原発ゼロのため何すべきか議論を。

 

田村市いまいずみさん。今おられる方ほぼ全てゼロの方。仲間と感じる。福島の声だと思う。罵声浴びせられても、○○の方たちが声を聴くべき (すみません。電力会社や原発研究者などの方たち?) 「イエローケーキ~クリーンなエネルギーという嘘」(映画)の上映会して。原発の燃料ウラン取り出しのため放射能汚染。電気を作っているときには海を汚し、後には核のごみ。また、ゼロ選ぶと化石燃料増えるという政府資料おかしい。

 

・いのうえさん。政府の資料は2030年の経済状況の前提がかけている。わたしは縮小していると思う。人口は加速的に減少する。経済が縮小すればエネルギー消費も減る。原発止めても、石油使用量も減る。原発に固執したら、新しいエネルギーを考える機会失う。

福島県産品や県民を汚物のように扱う方いる。ふくのうた「いつか君がこの町で暮らしたいと言ってくれたら幸せだろう...」日本全国の方、福島県をよろしくお願いします。

 

学生さん。枝野さんが原発やめたいと発言していると聞いた。原発を廃止するリスクをいかに少なくしていくか政治的努力にかかっている。あと、政府の情報は遅く、正しいかどうかもわからない。

 

後半15人

 

大臣、これから「福島エネルギー選択肢意見聴取会」の後半が始まります。ほとんどが0案支持。次々に、原発即時停止を訴えていらっしゃいます。「これが福島の声」と。ぜひ、生の声をお聞きください。 ⇒ http://t.co/anvnVQUe

 

福島市のこぼり(?)さん。事故時孫娘連れて県外避難。庭の隅、苔の生えるようなところは1.5ある。原発は、これ以上再稼動させず、2030年を待たずにゼロに。家族はバラバラ。除染も進んでおらず、効果もない。学校に7割の子ども戻らない調査結果も。ウクライナの博士、低放射線の被ばくは長年注意必要と。NHKで見たが25年間の累積15-27ミリ被ばくの方の調査、心臓病、白血病、増加。当時10歳前後の方々に甲状腺がん多発。電気の不足分は風力の陸上海上で。決断を。

 

福島市さとうさん。野田総理は「電力が足りない。国民の生活守る」と言ったが、関電は火力を8基も止め、電力不足は無関係と言った。電力足りないデマはやめて。節電必要ならテレビ消せと広報を。証明をLEDに。それで十分。原発を続けることは汚染物質を垂れ流すこと。できもしない再処理に税金をつぎ込むこと。やめて。ものには順序。事故の後始末できずなぜ再稼動か。沖縄でも福島でも原発依存度ゼロの声。この意見は反映されるのか。

 

教員の方。卒業式の準備していたが、汚染がひどく中止。卒業生にはそれ以来会っていない。米の収穫もできなかった。暑い中、プールに入れなかった。子どもにストレス。莫大なお金かけて校庭除染。それでも運動会は体育館。気づいたのは子どもが転びやすくなったこと。子どもたちには学びの時期がある。病院のレントゲン室と同じくらいの放射線量の中で暮らす私たちは異常。検査などの記事には必ず「健康に影響なし」と付いている。将来にわたっても影響ないのか。不安だ。再稼動決めた人にこの気持ちわかるか。子どもたちに原発はクリーンエネルギーを教えることはできない。エネルギー大転換を図る以外に子どもたちに説明できない。高い目標持ち、取り組むことで新しい産業や雇用を創出。間違ったら反省し、直せと子どもに教えている。大人も同様。

 

福島市のあなざわさん。年配の方、4世代で暮らしていたが今はバラバラ。戦争中は横須賀で働いていたが、あの時と同じ。政府が情報を隠している。大陸から引き揚げてきた方はまた棄民と。県外避難で一度も帰宅していない方、報道通してしか福島のことわからないと。

 

福島市のせとさん。教員。今でも18歳未満の2万人が避難。受け持ちの子にも双葉の子は帰れないとわかっていた。子どもの未来を奪った事故と再度認識を。0.1~0.2に下がり屋外活動可となったが、させたくない親いる。通常より高いので当然。 「直接亡くなった人いない」発言に怒り。放射能のため津波救助できなかった。大飯町で「原発がないと生活できない」との声もあるが、交付金の有り方、原発なしで暮らしていける施策が必要。また、日本の技術力投入して、再生可能エネルギーの推進を

 

まつだたかしさん。郡山の仮設住宅で浪江町民と暮らす。地震・津波の可能性知りながら対策せず、原発事故起こした。東電自ら想定外というが事業者失格。東電には原発稼働する資格・能力ない。即廃炉は当然。私たちのような避難者もう出さないで。電気は地産地消で。事故前は安全安心なお米を全国に送っていた。あの山、あの河、あの人たちと、旬を味わえた浪江。ふるさとを失った気持ちがあなたたちにわかりますか?避難解除するなら、官僚も仕事し、家族と暮らしてください。お金惜しくて帰れと言っている。

 

福島市なかのさん。長崎で3歳で被ばく。まさかまた放射能の心配するとは。自動車製造37年勤務。設備管理。原発安全性向上と言うが、設備で安全図れても事故は異常時の人の判断。東電はずっとトラブルあった。定検で工具原子炉内に忘れるなど。素人。%理解苦しむ。

 

矢吹町。システムエンジニア。町会議員。今も暑い仮設住宅で仕事もなく暮らしている方いる。「原発のリスクだけ問題にするのおかしい」と言った方いるが、被害、放射能におびえる日々、など、このようなことは福島で最後にしていただきたい。

 

双葉から福島市へのおおかわさん、建設関係。 事故調は福1のみ焦点。福2も調査を。政府の資料で再エネ部分見積もり低い。休耕地利用、自治体規制緩和などやれることたくさんある。今、日本が次世代エネルギーで世界をリードしていけるチャンスでもある。

 

蛇石郡山市議。原発事故が起きたとき政府がしなければならなかったのは子どもを守ること。アメリカは80キロを避難させたが日本はしなかった。福島県民は健康に生きる権利を奪われた。郡山市の学校にクーラーがない。給食から内部被ばく。安全なら都会に原発を。完全収束まで40年なら、わたしは収束を見れない。省エネは1割でなく3割可能。電力改革なぜしないか。毎週金曜日の夜集まっている数十万人の声を無視できない。311以後意識変わっている。再エネで持続可能な社会の実現を。

 

原発事故を体験している者として、原発ゼロ以外の選択肢はあり得ない。大学生の子どもがこのまま福島に住んでいいのか、結婚など悩んでいる。こうした不安抱かせていいのか。避難先で夫失くされ、涙する方、荒地を開墾し子どもを育てこれから楽にとの矢先に、など。

 

福島県民の総意は明らか。今日は細野大臣がいらしている。ただちに原発ゼロの決断を。私たちには希望が必要。それには事故の収束。事故の不安からの解放。

 

郡山いとうさん。会社員。放射能は制御不能。事故検証ない。再エネ世界をリードして。子どもの尿からセシウム。健康診断は30キロ圏内や子ども36万人には行っているが、尿検査は行っていない。また、郡山、福島、二本松、30キロ圏より高い地域ある。検査を。 100マイクロ、12万ベクレルが検出された調査もある。なぜ、側溝など子どもが遊ぶようなところをしっかり検査してくれないのか。大飯は100キロ圏の防災計画なしに再稼動。拡散予測も見ていない。福島は脱原発決めた。国も脱原発へ道筋を。

 

 

相馬市の方。事故により福島は甚大な被害。受け継いできた自然、相馬のおいしい魚が奪われた。原発周辺の方はいまだ仮設住宅、避難生活。飯館村と同じ汚染地域には住めない。本当に住めるなら東電、政府の方に住んでほしい。 津波対策で再稼動。脳味噌メルトダウン。スリーマイルでは7年後に原子炉の中わかった。日本はどうして間違ってもごめんなさい、間違ってましたと言えない社会なんでしょう。原発後副読本の中味ひどい。福島の現実書いてない。放射能は離れれば安全?まわりにいっぱいあるんですよ。

 

なかじさん。居住地域は0.7マイクロシーベルト。職場の郡山は1マイクロシーベルト。10万ベクレルほどのホットスポットも。緑の山河はそのままだが、厳しい状態。母の生き甲斐の農業。作ってもひ孫は食べてくれない。悲しくて悔しい思いで生活。%議論に怒り。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索