September 19, 2019

September 18, 2019

September 15, 2019

September 11, 2019

Please reload

最新記事

【Shrinking Building(縮める解体)】

May 18, 2013

1/1
Please reload

特集記事

【検察はしっかりしろ!】

July 24, 2012

2012.7.24(火)

 

 4つの事故調報告が出揃った。

 東電のものを除けば、濃淡はあっても、業界も政府も長年の癒着(”虜”)の中で「デタラメ」の蓄積にいかに奔走してきたかということがはっきりした。

 にもかかわらず、これまで責任を取った者は誰もいない。
 今日の朝日の記事では、刑事告訴・告発が相次いでいるのに、検察は「受理」するかどうか判断を留保しているとある。
 それどころか、検察内部では「立件は難しい」との声が大勢を占めているという。

 おかしいではないか。全く理解しがたい。
 立証責任の転嫁も考慮すべきだし、同時に、告訴状提出先の福島地検の検事正には、東京地検の堺前特捜部長が就いたばかりで、汚名返上の絶好の好機なのだから、ぜひ受理し強力に捜査を開始すべきだ。

 それともこの人事は、地元を力で押さえつけるための布石なのか?

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square