• yanxia2008

【寂しいね】

2019.9.1(日)

 福島駅東口のホテル辰巳屋が昨日をもって閉館。  新築完成した直後、まだピカピカのこのホテルで結婚式を挙げた。 折にふれ、ワインバーレストランや日本料亭で食を楽しみ、レセプションルームで開かれるさまざまな催しに数え切れないほど出席した。  館内のデパート中合は当面営業を続けるが、いずれビル再開発の波に洗われる。  震災直後は避難者や工事関係者、ボランティアなどでごった返しだった。  ホテル辰巳屋の社長さんは昔仕事を一緒にし、FB友でもある女性。県警を所管する公安委員会委員長でもある。  再開発ビルで営業再開でもしていただければ嬉しいのだが、市長の思惑がよく分からず、先が見通せないのもなんだか寂しいね。 と独り言。。

​****************************************

ホテル辰巳屋閉館 別れ惜しむ

2019/09/01 福島民報

 福島市のホテル辰巳屋は三十一日、閉館した。一八九九(明治三十二)年に料理店「辰巳屋」として現在地で創業。一九七三(昭和四十八)年、駅前市街地再開発事業で辰巳屋ビルが完成しホテル辰巳屋としてオープンして以来、JR福島駅東口駅前の象徴として親しまれた。

 三十日の宿泊者が最後の客となった。東京都内の花卉(かき)販売会社に勤務する鈴木真輝さん(48)は「とても寂しい」と残念がった。出張で本県を訪れた際の「定宿」にしてきた。二十年来の常連で、年に六~十回は宿泊した。新幹線利用のため、駅前の立地は何より便利だった。

 三十一日のチェックアウト後、スタッフから「ありがとうございました」と声を掛けられた。「食事がおいしく、スタッフの気配りが印象的だった」と話し、別れを惜しんだ。ホテル辰巳屋はホテル入り口に閉館を知らせ、利用への謝意を示す張り紙と花を掲げた。

 辰巳屋ビルは駅前再開発事業で取り壊されることが決まっている。ビルに入る中合福島店は当面の間、営業を継続する。

2回の閲覧