• yanxia2008

【常緑音楽館便り】#1132 ざんげの値打ちもない

 作詞家・なかにし礼は、自分の作品中最も好きな曲として「石狩挽歌」(1975)を挙げる。  歌唱は北原ミレイ。

 その北原のデビュー曲は、1970年の「ざんげの値打ちもない」。  こちらの作詞は阿久悠。  阿久悠が亡くなり、早10年強が経過した。

 歌詞は、犯罪にまで踏み込み、自分の人生を見限って救いのない若い女性の心情を唱う内容で、当時、ひときわ異色で衝撃的な曲として迎え入れられた。

 経済成長で社会全体がある意味幼児化しつつある中で、当時流行った「マイホーム主義」とは逆行するような暗さ、情念に満ち満ちている。

 阿久悠には、明るいだけではなく、人の心を切り刻む刃のような壮絶な世界もある。

 この曲、もともと5番まで歌詞があったが、4番がカットされ発表された。その「幻の4番」を、ここでは、北原が昔を思い出しつつ挿入している。

♬ ざんげの値打ちもない / 北原ミレイ(Video)

2回の閲覧