• yanxia2008

【派閥に辟易 / 健全性とは?】

2016.6.20(月)

 知る人しか知らない旧大仏荘(おさらぎそう)でミッション・カンファレンス。  いわゆる社長派と副社長派の、よく言えば活発な議論展開。  どちらにも与(くみ)しない毒舌亭は、終わってから事務局員を慰労。  激論にハラハラしていた事務局員からは、不肖、毒舌亭が一番良い人に見えたかも知れない(笑)

 カンファレンスが終わってから帰路の途中見かけた看板、幟(のぼり)。  ナンチャラ党がナンチャラ主張。  このナンチャラさんは我が家の周りでも、大音量で街宣車をたびたび周回し、猫なで声で不安を撒き散らす。  あのねえ、原災法15条の「原子力緊急事態宣言」すら終わっていないのだよ。知らないの?

 こういうカルトチックな言動が天下で幅を効かせて罷(まか)り通る社会ってえのは不健全なのではないのか、それとも言論の自由を保証した憲法が定着した健全な社会であることを示すものと喜ぶべきなのか、毒舌亭の心中は誠に複雑なのでありました。。。。ハックション

2回の閲覧