top of page
  • yanxia2008

【常緑音楽館便り】#716~酒場にて

2016.3.7(月)

 年明け早々から不倫スキャンダル騒動が連続しています。  ベッキーに宮崎謙介議員、桂文枝(三枝)師匠、松方弘樹。。。  石田純一ではありませんが、今年は「不倫文化元年」なんですかね。  この種のことは、別に今に始まったことじゃないのにね。

 戦後の保守合同最大の功労者・三木武吉は、「ある有力候補のごときは妾を4人も持っている。こんな不徳義漢が国政に関係する資格があるか」と批判されると、「(その有力候補とは)不肖この三木武吉であります。数字的間違いをここで訂正しておきます。私には、妾が4人あると申されたが、事実は5人であります」と切り返しました(昭和27年)。  善し悪しは別として、昔はこんな「ハッタリ」をかます大物がいました。

 ところで、一昨年11月に物故した高倉健さんの元妻・江利チエミさん(1937-1982)には、「テネシーワルツ」という代表曲もありましたが、こんなヒット曲もあったことを覚えている人もあるでしょう。なかなかに良い曲です。

 Evergreen Music通算715曲目は、その曲を、「文枝師匠の20年に及ぶお相手としていきなり脚光を浴びたこの人」の歌でお届けします。

 人間、生きてる間にはいろんなことがありますよね(笑&悲)

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page