top of page
  • yanxia2008

【常緑音楽館便り】 人間みな兄弟〜夜がくる

2015.8.20(木)

 最近のCMはパッとしたのがないなあ。  昔、サントリーと資生堂のCMはどれも洒落ていて、煌(きら)めくものが多かった。特にサントリー。   石川さゆりの「ウィスキーがお好きでしょ」松田聖子の「Sweet Memories」ランボーを題材にした「鞄の男」なども良かったが、サントリーといえば不朽のこの曲。

 当初は「人間みな兄弟」、後に、日本語の歌詞がつけられ、このときに「夜がくる」のタイトルが付けられた。  小林亜星は実に良い曲を残してくれた。  スキャットを歌うのは、当時上智大学教授であったサイラス・モズレー氏。

 ****************

 そういえば、イラストレーターの柳原良平さんが17日、亡くなった。  柳原さんといえば「アンクルトリス」。  この曲はトリスでなくオールドの曲だが、今宵は、この曲を聴きながら、我が家に残っていた「アンクルトリスの爪楊枝入れ」(写真)から1本爪楊枝を抜き出し、チーズでも突っついて、久しぶりにトリスを傾けようか。。。

  ~サントリーがある。  .......顔がある。男がいる。女がいる。若者がいる。老人がいる。サントリーがある。  .......喜びがある。悲しみがある。愛がある。憎しみがある。サントリーがある。  .......歌っている。叫んでいる。語っている。黙っている。顔がある。明日がある。サントリーがある。。。

 そして、こんなのもあった。   〜すこし愛して、長〜く愛して。   〜恋は遠い日の花火ではない。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page