• yanxia2008

【 アベシのパロディと風刺 】

2015.1.20(火)

 「特定の民族を差別し、憎悪の対象とすることが、人間をどれほど残酷にするのかを学ぶことができた」。  実に面白いことをおっしゃる宰相だ。笑うしかない。  あなたが、そしてあなたのお友達たちが、まさにそうした行動を繰り返し展開しているのに、内心とは裏腹の言葉を発するとは、まさにパロディそのもの。道化師を演じているように見えるじゃありませんか?  風刺画問題がいま話題になっていますが、フランス国民のエスプリと比べると格段の出来の悪さです。

 それから、今日のイスラム国による人質事件。  総理が外遊する度に大盤振る舞いのODA(政府開発援助)。  すでに52兆円超を、また今回の中東訪問でも約3,000億円もの対外援助を表明してきました。  今回の人質事件はまさに、その「ばらまき外遊」という絶好のチャンスを狙ってのものであり、アベシの魂胆の裏を掻くものです。はたして想定内の事件ではなかったのか、疑わしいといわざるを得ません。

 もちろん、ODAが我が国外交を推進し、国際貢献を果たす上で最も重要な外交手段であることは分かるものの、総理や外相が次々に、こうも簡単に巨額の対外援助を口走ることに全く歯止めはきかないのか甚だ疑問です。  国会による予算統制はどうなっているのですか?やりたい放題、言いたい放題なのですか?  議員の先生方、しっかり答えていただきたい。

 それから、ODA開発援助は、円借款等の有償資金協力など、従来開発銀行が行っていたものを含め、今やJICA(国際協力機構)に窓口を一本化しています。  となると、今回のようなジャーナリストにとどまらず、JICAにも矛先が及び、青年海外協力隊事業に参加している若者たちにも影響が発生することを強く恐れます。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示