• yanxia2008

【早!  さすがパクリ大国!】

2014.9.3(水)

 来週の発表を前に、中国でiPhone 6を世界最速での販売開始。  貴重品ですよ。なにせ、「iOS」でなく「android」内蔵ですから。  世界中でここだけの稀少限定品です。

 ...ていうか、どこまでアホなんだ、このパクリ大国は!!! (文章と写真は関係ありません)

​****************************************

さすが中国! iPhone6の販売を世界最速で開始。納得のクオリティ(笑)

2014年9月2日 grape

実は中国では、一ヶ月前から普通にiPhone6が販売されている。

さすが世界第2位の経済大国となった国、なんでもありである。日本でもtwitterでbamboo(@bamboo_milktub)さんが実物を入手して、ツイートで解説。話題になりました。

スペック情報まとめ

  • 約15,000円

  • 32GB

  • 動きがカクカク

  • OS:Android 4.2.2(笑)

  • Apple IDにかわってGoogleアカウントが必要

  • 日本語には未対応(日本人への優しさらしい)

  • Apple純正ライトニングケーブルでは充電できず、付属の謎のライトニングケーブルで充電

  • nano SIMではなく通常のSIMに

  • 新ブラウザ『Safiri』搭載

  • OSの至る所にドロイドくん

それでは早速、世界最速で発売されているiPhone6を見ていきましょう。 (注意:もちろん偽物でAppleの製品ではありません。)

まずは、恒例の開封の議。

Twitterでも「さすが中国」「ヤバすぎる」と話題に。

iPhone6が待ちきれないあなたは、いますぐ中国へ!(笑)

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示