• yanxia2008

【福島県の実情】

2013.11.23(土)

 浅野 弘一さんの投稿をシェア

​****************************************

浅野 弘一

2013年11月23日 ·

 今日は浪江町から原発事故避難している老夫妻二組の方達4人を、紅葉真っ盛りの弁天山を案内してきました。

 1枚目の写真は、後ろに手を組みながら階段を歩く姿です。

 左に除染廃棄物のブルービニールシート、そしてポストモニタニングには0.242μSvの空気線量値を示していました。

 2枚目は東展望台、3枚目は中央展望台から、それぞれ見下ろした福島市街地です。

 一組の老夫妻は仮設住宅、他組は借り上げ住宅に居住。

 それぞれ悩みはあるようです。

 同じ集落の隣通しの方達です。

 二日前、県外に避難している人も含めた18人の老人会を、土湯温泉で開いたそうです。

 2年9か月に会って懐かしかったと言われていました。

 それともう、死ぬまで戻れないだろうと覚悟をしているようでした。

 これが、福島県の実情です。

2回の閲覧