• yanxia2008

【おかしな世界】

2013.11.20(水)

 「違憲状態」だが「選挙は有効」。。。。  裁判官、それも最高裁の裁判官の頭の中は、おかしな・おかしな・おかしな世界。  「共産党独裁と改革開放市場経済との共存」という論理と同じようなもの。  まともな人には、とうてい理解不能。  一度解剖してみたい。

​****************************************

年衆院選は「違憲状態」 3回連続、改革論議に影響

2015.11.25 産経新聞

 「1票の格差」が最大2.13倍だった昨年12月の衆院選は法の下の平等に反して違憲だとして、弁護士らが選挙無効を求めた全国訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、「違憲状態」との判断を示した。選挙無効の請求は退けた。

 最高裁が衆院選を「違憲状態」と判断したのは2009年選挙以降、3回連続となった。14人の裁判官のうち9人の多数意見。議員定数の「0増5減」に伴う12~13年の区割り改定に一定の評価を示す一方で、格差解消をさらに急ぐよう求めており、国会で進む制度改革の議論に大きく影響しそうだ。

 昨年の衆院選は、格差の要因とされる各都道府県に1議席を無条件で割り振る「1人別枠方式」を事実上、温存したまま実施され、最高裁は「12年選挙時と同様に投票価値の平等に反する状態にあった」と認定した。

 一方、0増5減などを「一定の前進」と評価。別枠方式の廃止を求めた09年選挙の最高裁判決などに沿って、国会が是正に向け取り組んでいることを考慮し「格差が合理的期間内に是正されなかったとはいえない」と判断。その上で「より適切に民意を反映させるため制度改正を急ぎ、格差是正を着実に続ける必要がある」と注文を付けた。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示