• yanxia2008

【ありふれた光景】

2013.9.13(金)

「under construction」でも、ましてや一躍有名語になった「under control」の標識でもありません。 除染の標識です。

あれ以来、こんな風景が市内のあちこちで見られていますが、今じゃ見慣れ過ぎてじっくり見る人など多くありません。 しかし、井戸端会議でも、それ以外のお話の場でも、除染の話が出ないことはありません。

新聞には県内各地の放射線量が1面全部に毎日載せられています。

福島県内以外の、オリンピックに沸く東京や西日本の人には分かっていただけないでしょうが、これが現実です。

異常なことが異常と感じられなくなっているのです。

しかもお隣の市では県も県議会も、ましてや自民党県連でさえも福島第二を含む全原発の廃炉を打ち出したのに、第二の廃炉は言い過ぎだという市長が出てくる始末です。

「250キロ離れている」「東京は安全」。 どこかのトップの方は最後の最後に福島を捨てました。 ても皆さんには少しでも福島への想像力を持続していただければ幸いです。

※ 別にシェアした浅野弘一さんの写真・主婦の会話と併せてお読みください。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示