• yanxia2008

【侵攻支持?】

2013.9.1(日)

 イラク戦争前夜の国連安保理。  アメリカに対し「イラク侵攻には反対だ。大量破壊兵器存在の証拠を見せろ」と激しく詰め寄るフランスの外相(後に首相)の姿を深夜のBS生放送で見た記憶がある。  今回、オバマ大統領が議会にシリアへの限定的軍事侵攻の承認を求めると決断。  常任理事国制(拒否権)という制限があるにせよ、基本は安保理の協議が筋。  安保理がだめなら国連総会での(強制権はないにしろ)制裁措置を協議すべし。  植民地政策の歴史を背負う仏は旧宗主国として制裁に乗り気だが、ウラがありそう。  英国は議会の反対で後退、イタリアとドイツは消極的。  なのに、かの国の安倍首相は支持の構えという。  相変わらず、アメポチ。  この政権はきな臭いことだけに一生懸命。

****************************************

米大統領、シリア攻撃「議会承認求める」 9日以降に

2013/9/1 日本経済新聞

【ワシントン=吉野直也】オバマ米大統領は31日午後(日本時間9月1日未明)、ホワイトハウスで声明を発表し、米政府としてシリアのアサド政権による化学兵器使用を断定したことを受け「行動すべきだと決断した」と表明した。ただ具体的な軍事介入に際しては「米議会の承認を求める」と述べ、議会との調整に時間をかける方針を明らかにした。シリア攻撃は米議会が再開する9日以降に事実上先送りされた形だ。

 オバマ大統領はアサド政権による化学兵器使用について「21世紀で最悪の出来事だ」と批判。化学兵器による攻撃の阻止は米国の国益でもあると指摘した。

 軍事介入を巡っては「限定的に実施する」と語ると共に「準備はできている」と説明。シリアの軍事施設を標的に、地中海に展開する米駆逐艦から巡航ミサイルを撃つ案などを検討している考えを示唆した。

 ただ具体的な攻撃に関しては「議会の承認を得たい」と強調した。

3回の閲覧