• yanxia2008

【Sweet Caroline】

2013.2.28(木)

 アメリカの次期駐日大使候補に、J.F.ケネディ元大統領の娘、キャロラインの名が挙がってびっくり。

 父ケネディが暗殺されたのは、私が中学生だったちょうど50年前、1963年でした。  当時、日米間で最初の衛星中継放送が流れると聞いてテレビの前に陣取っていたら、放送最初の発言が「ケネディが暗殺された」との驚愕のニュース。実に驚いたものです。

 クリントンが大統領だった13年ほど前、ニューヨークに出張し、ワシントンの国務省本館を訪問の後、NY郊外にあるアーリントン墓地にある彼の墓と、そのすぐそばにある元妻のジャクリーヌ夫人の墓を視察しました(写真)。  ジョンの墓碑には「JOHN FITZGERALD KENNEDY」と、ジャクリーヌの墓碑には「JACQUELINE BOUVIER KENNEDY ONASSIS」と記されていました。  ジャクリーヌはジョン没後にギリシャの船舶大富豪オナシスと再婚したのに、前の夫の脇に埋葬されているのが不思議だったことを思い出しました。

 暗殺事件は軍産複合体による陰謀論、マフィア主犯説、ジョンソン副大統領主犯説など、さまざまな説がありますが、政府の公式調査における証拠物件の公開は少なくともあと10数年先以降になりそうだということで、真相は依然、謎のままです。  今度の土日にでも、映画「JFK」のDVDを改めて観てみたいと思います。

​****************************************

駐日米大使にケネディ氏内定 政府、「対日重視」と歓迎

2013/7/14 日本経済新聞

 政府はオバマ米大統領がルース駐日大使の後任に、故ケネディ元米大統領の長女のキャロライン・ケネディ氏(55)を内定したことを「日本重視の表れ」(政府関係者)と歓迎している。米政界の名門出身で、大統領と太いパイプを持つケネディ氏は日米両国で高い注目を集めるのが確実。政府は安倍晋三首相が進める日米同盟強化に良い影響が及ぶことを期待している。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示