• yanxia2008

【毅然とかつ冷静に】

2012.8.28(火)

 この春から大学に通い、海洋法に関する国際連合条約、外交関係に関するウィーン条約、国際司法裁判所(ICJ)などについて学んできました。  受講を終えたとたん、北方領土、竹島、尖閣諸島問題での紛争再勃発。  なんというタイミングでしょうか。  しかし、隣国の非礼なふるまいをしたお方は、儒教の国の元首とは思えない実に幼稚な人間ですね。  一方の丹羽宇一郎駐中国大使襲撃事件のほうは、直感ですが、相当闇が深いことを感じさせます。  いずれにしても、毅然と対応することは当然ですが、同時に冷静に対処しなければなりません。  日本政府による国際司法裁判所(ICJ)への提訴は、ICJの成り立ちと経緯、これまでのさまざまな判決の重みを考えますと、たとえ相手国が応じなくても妥当でしょう。

3回の閲覧