• yanxia2008

【学会事故調にムラ及び倫理専門分科会をつくれ】

2012.6.17(日)

 原子力学会も事故調を設置。  遅すぎるが「学術的検証」を実施することは当然。  但し、事故調の中に次の専門分科会2つを設けることを強く提案したい。  これは譲れない。

(1) 在り方専門分科会(原子力ムラ専門分科会)

 「原子力ムラ」の醸成、造成、維持、厳守、発展のためにこれまで担ってきた学会及び各学者個々人の在り方を根本から見直すための分科会。 田中学会会長が、いみじくも「当事者寄りといった批判もあると思うが」と発言しているのだから、当然、委員には、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が入るのはもちろん、第三者(学会外)も入れるべき。例えば金子勝慶大教授とか。

(2) 倫理専門分科会

 電力事業者又はその連合団体、関係団体からの寄付金、助成金について議論するための分科会。政府の予算不足論に転嫁すべきでなく、最低限、寄付は「ワイロ」であることを認識する場にすべきである。学者センセイに対しはなはだ失礼だが、「倫理基準」も創りなさい。

田中知 日本原子力学会会長

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示