Historical Archives

#096 ジョー・バイデン氏米国大統領選挙勝利演説

​(附:カマラ・ハリス氏勝利演説)

2020.11.08(日)記

Joe Biden acceptance speech(Full )

 My fellow Americans, the people of this nation have spoken. They have delivered us a clear victory. A convincing victory. A victory for “We the People”.

 We have won with the most votes ever cast for a presidential ticket in the history of this nation – 74 million. 

 I am humbled by the trust and confidence you have placed in me.

 I pledge to be a president who seeks not to divide, but to unify. 

 Who doesn’t see red and blue states, but a United States.

 And who will work with all my heart to win the confidence of the whole people.

 For that is what America is about: the people. 

 And that is what our administration will be about.

 I sought this office to restore the soul of America.

 To rebuild the backbone of the nation – the middle class.

 To make America respected around the world again and to unite us here at home. 

 It is the honour of my lifetime that so many millions of Americans have voted for this vision. 

 And now the work of making this vision real is the task of our time.

 As I said many times before, I’m Jill’s husband. I would not be here without the love and tireless support of Jill, Hunter, Ashley, all of our grandchildren and their spouses and all our family. They are my heart.

 Jill’s a mom – a military mom – and an educator.

 She has dedicated her life to education, but teaching isn’t just what she does – it’s who she is.

 For America’s educators, this is a great day: You’re going to have one of your own in the White House and Jill is going to make a great first lady.

 And I will be honoured to be serving with a fantastic vice president – Kamala Harris – who will make history as the first woman, first African American woman, first woman of South Asian descent, and first daughter of immigrants ever elected to national office in this country.

 It’s long overdue, and we’re reminded tonight of all those who fought so hard for so many years to make this happen.  But once again, America has bent the arc of the moral universe towards justice. Kamala, Doug – like it or not – you’re family.

 You’ve become honorary Bidens and there’s no way out.

 To all those who volunteered, worked the polls in the middle of this pandemic, local election officials – you deserve a special thanks from this nation.

 To my campaign team, and all the volunteers, to all those who gave so much of themselves to make this moment possible, I owe you everything. 

 And to all those who supported us: I am proud of the campaign we built and ran.

 I am proud of the coalition we put together, the broadest and most diverse in history.

 Democrats, Republicans and independents. Progressives, moderates and conservatives.

 Young and old.

 Urban, suburban and rural. Gay, straight, transgender. White. Latino. Asian. Native American.

 And especially for those moments when this campaign was at its lowest – the African American community stood up again for me.

 They always have my back, and I’ll have yours. 

 I said from the outset I wanted a campaign that represented America, and I think we did that.

 Now that’s what I want the administration to look like.

 And to those who voted for President Trump, I understand your disappointment tonight. 

 I’ve lost a couple of elections myself. 

 But now, let’s give each other a chance. 

 It’s time to put away the harsh rhetoric. 

 To lower the temperature. 

 To see each other again. 

 To listen to each other again. 

 To make progress, we must stop treating our opponents as our enemy.

 We are not enemies.

 We are Americans.

 The Bible tells us that to everything there is a season – a time to build, a time to reap, a time to sow.

 And a time to heal. 

 This is the time to heal in America.

 And I will be honoured to be serving with a fantastic vice president – Kamala Harris – who will make history as the first woman, first African American woman, first woman of South Asian descent, and first daughter of immigrants ever elected to national office in this country.

 It’s long overdue, and we’re reminded tonight of all those who fought so hard for so many years to make this happen.  But once again, America has bent the arc of the moral universe towards justice. 

 Kamala, Doug – like it or not – you’re family.

 You’ve become honorary Bidens and there’s no way out.

 To all those who volunteered, worked the polls in the middle of this pandemic, local election officials – you deserve a special thanks from this nation.

 To my campaign team, and all the volunteers, to all those who gave so much of themselves to make this moment possible, I owe you everything. 

 And to all those who supported us: I am proud of the campaign we built and ran.

 I am proud of the coalition we put together, the broadest and most diverse in history.

 Democrats, Republicans and independents.

 Progressives, moderates and conservatives.

 Young and old. Urban, suburban and rural.

 Gay, straight, transgender.

 White. Latino. Asian.

 Native American.

 And especially for those moments when this campaign was at its lowest – the African American community stood up again for me.

 They always have my back, and I’ll have yours. 

 I said from the outset I wanted a campaign that represented America, and I think we did that.

 Now that’s what I want the administration to look like. And to those who voted for President Trump, I understand your disappointment tonight. 

 I’ve lost a couple of elections myself. 

 But now, let’s give each other a chance. 

 It’s time to put away the harsh rhetoric. 

 To lower the temperature. 

 To see each other again. 

 To listen to each other again. 

 To make progress, we must stop treating our opponents as our enemy.

 We are not enemies.

 We are Americans.

 The Bible tells us that to everything there is a season – a time to build, a time to reap, a time to sow.

 And a time to heal. 

 This is the time to heal in America.

 Let this grim era of demonisation in America begin to end – here and now. 

 The refusal of Democrats and Republicans to cooperate with one another is not due to some mysterious force beyond our control. 

 It’s a decision. It’s a choice we make.

 And if we can decide not to cooperate, then we can decide to cooperate.

 And I believe that this is part of the mandate from the American people.

 They want us to cooperate. 

 That’s the choice I’ll make.

 And I call on the Congress – Democrats and Republicans alike – to make that choice with me.

 The American story is about the slow, yet steady widening of opportunity. 

 Make no mistake: Too many dreams have been deferred for too long. 

 We must make the promise of the country real for everybody – no matter their race, their ethnicity, their faith, their identity, or their disability.

 America has always been shaped by inflection points – by moments in time where we’ve made hard decisions about who we are and what we want to be. Lincoln in 1860 – coming to save the Union.

 FDR in 1932 – promising a beleaguered country a New Deal.

 JFK in 1960 – pledging a New Frontier.

 And 12 years ago when Barack Obama made history and told us: “Yes, we can.”

 We stand again at an inflection point. 

 We have the opportunity to defeat despair and to build a nation of prosperity and purpose. 

 We can do it. I know we can. 

 I’ve long talked about the battle for the soul of America. 

 We must restore the soul of America.

 Our nation is shaped by the constant battle between our better angels and our darkest impulses.

 It is time for our better angels to prevail.

 Tonight, the whole world is watching America.

 I believe at our best America is a beacon for the globe. 

 And we lead not by the example of our power, but by the power of our example.

 I’ve always believed we can define America in one word: possibilities. 

 That in America everyone should be given the opportunity to go as far as their dreams and God-given ability will take them.

 You see, I believe in the possibility of this country. 

 We’re always looking ahead. Ahead to an America that’s freer and more just. 

 Ahead to an America that creates jobs with dignity and respect.

 Ahead to an America that cures disease like cancer and Alzheimer’s.

 Ahead to an America that never leaves anyone behind.       Ahead to an America that never gives up, never gives

in.

 This is a great nation. And we are a good people. 

 This is the United States of America. 

 And there has never been anything we haven’t been able to do when we’ve done it together.

 In the last days of the campaign, I’ve been thinking about a hymn that means a lot to me and to my family, particularly my deceased son Beau.

 It captures the faith that sustains me and which I believe sustains America.

 And I hope it can provide some comfort and solace to the more than 230,000 families who have lost a loved one to this terrible virus this year.

 My heart goes out to each and every one of you.   

 Hopefully, this hymn gives you solace as well.

 “And He will raise you up on eagle’s wings,

 Bear you on the breath of dawn,

 Make you to shine like the sun,

 And hold you in the palm of His Hand.”

 And now, together – on eagle’s wings – we embark on the work that God and history have called upon us to do. 

 With full hearts and steady hands, with faith in America and in each other, with a love of country – and a thirst for justice – let us be the nation that we know we can be.

A nation united. 

 A nation strengthened. A nation healed. 

 The United States of America.

 God bless you. 

 And may God protect our troops.

Source : Aljazeera(アルジャジーラ/カタール) 2020.11.8

バイデン氏勝利演説全文

 

 みなさん、この国の人々が声を上げました。彼らは私たちに明確な勝利、説得力のある勝利、「我ら国民」にとっての勝利をもたらしました。

 我々は、大統領候補として史上最多となる得票数で勝ちました。7400万票です!

 私も正直驚いたのは、全米各地、いや世界各地の都市で喜びと、よりよい明日への希望の回復があふれ出している今夜の光景です。みなさんが私に与えてくれた、信頼と信任に、身が引き締まる思いです。

 私は分断ではなく、統合を求める大統領になることを誓います。赤い州と青い州ではなく、アメリカ合衆国を見る大統領です。また、あなた方全員の信頼を勝ち取るために、全力で働きます。それこそが、私の信じる米国の姿なのです。人々のための米国です。我々の政権はそれが全てになります。

 私は米国の魂を回復するため、この国の背骨である中間層を立て直し、再び世界で尊敬されるようにするために、この職を目指しました。そして、この米国で私たちを統合するために。このビジョンに何千万もの多くの米国人が投票してくれたことは、生涯最高の光栄です。そして今、そのビジョンを現実にするという仕事、それが我々の職務となります。

 みなさん、以前から何度も言っていますが、私はジルの夫です。ジル、息子のハンター、娘のアシュリー、孫たち、その配偶者や家族全員の愛と、たゆまぬ支援がなければ、私はここにいません。彼らは私の心です。ジルは母であり、軍人の母であり、教育者です。彼女は人生を教育に捧げてきましたが、彼女にとって教育は単に職業ではありません。彼女の存在そのものです。米国の教育者のみなさんにとって、きょうは素晴らしい日です。ホワイトハウスの中にみなさんの一員が入るのです。そしてジルは素晴らしいファーストレディーになります。わたしは彼女をとても誇りに思います。

 私はまた、いまここで話したばかりの素晴らしい副大統領、カマラ・ハリス氏とともに仕事ができることを光栄に思います。彼女はこの国で(副大統領に)選ばれた最初の女性、最初の黒人女性、最初の南アジアにルーツのある女性で、最初の移民の娘です。

 米国では可能ではないなんて、私に言わないでください。機は熟し切っているのです。私たちは今夜、このことが起きるために長い年月をかけて戦ってきた人たちを、思い出しています。米国は再び、道徳的な世界の弧を正義の方向に向けました。カマラ、ダグ(ハリス氏の夫)、好むと好まざるとに関わらず、あなたたちは家族です。あなたは「名誉バイデン」になったのです。逃れることはできません。

 このパンデミックの中で、投票所でボランティアをしたり、働いてくれたりしたみなさん、地方の選挙を運営した人たち、みなさんは国全体からの特別な感謝に値します。そして、私の選挙チームやボランティア、この瞬間を可能にするのに、多くの時間と労力を投じてくれたすべての人々へ。すべてみなさんのおかげです。また私たちを支えてくれたみなさんへ。私は我々が築き上げ、進めてきた選挙運動を誇りに思っています。

 私は、我々が結集させた連合を誇りに思っています。歴史上、最も幅広く、多様性に富んだ連合です。民主党員、共和党員、無党派、革新派、穏健派、保守派、若年層、高齢層、都市、郊外、地方、同性愛者、異性愛者、トランスジェンダー、白人、ラテン系、アジア系、米国先住民。本気です。そして、特にこの選挙運動が最も衰退していた時に、アフリカ系アメリカ人のコミュニティーが再び、私のために立ち上がってくれました。

 あなた方はいつも私を支えてくれましたし、私もあなた方を支えます。私は初めから、米国を代表し、米国の姿を表すような選挙運動をしたいと言ってきました。私たちはそれを達成しました。そして今度、私は政権がそのように見え、そのようにふるまうことを願っています。

 トランプ大統領に投票したみなさんへ。私は、今夜の失望を理解しています。私自身も過去に数回(選挙で)負けたことがありますが、いまは互いにチャンスを与え合いましょう。不快な言葉遣いはやめ、より冷静になり、もう一度互いに向き合い、もう一度互いに耳を傾けるときです。前に進むためには、互いを敵とみなすことをやめなければなりません。彼らは私たちの敵ではありません。彼らは米国人なのです。

 聖書はこう教えてくれます。「すべてのことには季節がある。つくる時があり、収穫する時があり、植える時があり、癒やす時がある」。いま、米国は癒やす時です。この選挙運動は終わりました。国民の意思は何で、私たちの任務は何でしょうか。

 私は、その任務がこうであると信じています。米国人は、この時代の大きな戦いのために、品位と公平の力、科学と希望の力を活用することを求めました。その戦いとは、ウイルスの制御であり、繁栄を築くことであり、みなさんの家族の健康を守ることです。この国の人種的平等を成し遂げ、構造的な人種差別を根絶することです。

 さらに気候(変動)を制御して、地球を守ることであり、品位を回復し、民主主義を守り、この国のすべての人に公平な機会を与えることです。求めているのはただ、公平な機会です。みなさん、私たちの仕事は、新型コロナウイルスを制御することから始まります。

 このウイルスを制御できるようになるまで、経済を再建したり、活力を取り戻したり、孫や子どもたちを抱きしめたり、誕生日や結婚式、卒業式を祝ったりするような、私たちの人生にとって最も貴重な瞬間を楽しんだりすることはできません。

 月曜日には、私はこの分野で一流の科学者や専門家のグループを政権移行アドバイザーに指名し、「バイデン―ハリスの新型コロナウイルス対策計画」を、(任期の初日となる)2021年1月20日から始まる行動計画に切り替えるのを手伝ってもらいます。この計画は科学的根拠に基づいて築かれるでしょう。

 その行動計画は、思いやり、共感、そして懸念によって構築されます。私は、このパンデミックを好転させるための努力や献身を惜しみません。

 みなさん、私は誇り高い民主党員です。しかし、私は米国の大統領として職務にあたります。私は、私に投票しなかった人たちのためにも、私に投票した人たちのためと同じだけ、一生懸命働きます。

 米国における、相手を悪魔のように扱う冷酷な時代は、いまここで終わりにしましょう。民主党共和党が互いに協力を拒否することは、私たちが手に負えないような不思議な力によって起きているのではありません。それは決断なのです。私たちがする選択です。そして、私たちが協力しないと決めることができるのならば、私たちは協力すると決めることもできるのです。そして私は、これが米国民から私たちに与えられた任務の一つであると信じています。

 米国民は自分たちの利益となるために、私たちが協力することを望んでいます。それこそが、私がする選択です。民主党共和党を問わず、議会に対しては、私と一緒にその選択をしましょうと呼びかけます。米国の物語は、ゆっくりと、しかし着実に米国での可能性を広げていくことです。そして間違いなく、あまりにも多くの夢が、あまりにも長い間先延ばしにされてきました。私たちは、人種や民族、信仰、アイデンティティー、障害の有無にかかわらず、すべての人のために、この国の約束を現実のものにしなければなりません。

 みなさん、米国はいつも変曲点によって形作られてきました。自分たちが何者であるか、何になりたいかという厳しい決断をしてきた時です。1860年にリンカーンは(合衆国の)連合を救いました。1932年にフランクリン・ルーズベルトは苦境に立たされた国に「ニューディール」を確約しました。1960年にジョン・F・ケネディは、新しいフロンティアを約束しました。そして12年前、バラク・オバマが歴史をつくったとき、彼は言いました。「イエス・ウィー・キャン(そう、我々はできる)」と。

 みなさん、私たちは変曲点に立っています。私たちには絶望を打ち破り、繁栄と決意がある国を築くための機会があるのです。私たちはそれができます。できると、私は知っています。

 私は長い間にわたって、米国の魂のための戦いについて語ってきました。私たちは、米国の魂を回復しなければなりません。私たちの国は、善良な天使と暗い衝動の間の絶え間のない戦いによって形作られています。そして、この戦いの中で、大統領がどういう言葉を発するかは重要です。善良な天使が勝つときが来ました。今夜、世界中が米国を見ています。そして、米国が最もいい時には、全世界にとっての指標になると信じています。

 私たちは、私たちの力を見せつけることだけで先頭に立つのではなく、模範となる力で先頭に立ちます。私はいつも信じてきました。多くの人が私の発言を聞いたことがあると思いますが、私はいつも米国を一つの言葉で定義できると信じてきました。「可能性」です。米国では、自分の夢と、神から与えられた能力がもたらすところまで、誰もがたどり着ける機会を与えられるべきだということです。

 私はこの国の可能性を信じています。私たちは常に前を見続けています。より自由でより公正な米国に向けて。尊厳と敬意をもって仕事を生み出す米国に向けて。がんやアルツハイマー病のような病気を治すことができる米国に向けて。誰も置き去りにしない米国に向けて。決してあきらめず、決して屈しない米国に向けて。

 ここは偉大な国です。これまでは、米国に賭けるというのはいつもまずい賭けでした。私たちは善良な国民です。これがアメリカ合衆国であり、私たちが共に取り組むとき、できなかったことはこれまでに一度もありませんでした。

 みなさん、私は選挙の最後の数日間、私と家族、特に亡くなった息子のボーにとって多くの意味を持つ、ある賛美歌のことを考え始めました。それは私と、私が信じる米国を支える信条を表現しています。これはまた、今年襲った残酷なウイルスで命を落とした23万人もの米国人の家族に少しでも慰めと癒やしを与えると願っています。私の思いは、みなさん一人一人とともにあります。この賛美歌がみなさんにも癒やしをもたらしますように。それはこういう内容です。

 「彼(神)は汝(なんじ)をワシの翼の上に導き、夜明けの息吹の上で支え、太陽の如(ごと)く輝かせ、御手(みて)の中で抱く」

 私たちはいま、ともにワシの翼の上で、神と歴史によって与えられた仕事を始めようとしています。全身全霊をかけ、米国とお互いへの信頼、国への愛、正義への渇望とともに。私たちが、つくれると知っているような国になりましょう。統合された国、強くなった国、癒やされた国に。

 みなさん、アメリカ合衆国がこれまで、チャレンジして成し遂げられなかったことなど一つもありません。だから、覚えておいてください。私の祖父は、私が(ペンシルベニア州の)スクラントンで子どもだった時代、家を出る時に言いました。「ジョー、信条を貫くんだ」。そして祖母が生きていた時はこう叫びました。「ジョー、違う。信条を広めるのよ」

 信条を広めましょう。神はあなたたち全員を愛しています。米国に神のご加護があり、神が我々の兵士たちを守りますように。ありがとう、ありがとう、ありがとう。

 

(出典:朝日新聞デジタル2020.11.8)

Vice-president-elect

Kamala Harris'  Victory Speech

 

 Good evening.

 So, Congressman John Lewis, Congressman John Lewis, before his passing, wrote: “Democracy is not a state.

 It is an act.”

 And what he meant was that America’s democracy is not guaranteed.

 It is only as strong as our willingness to fight for it, to guard it and never take it for granted.

 And protecting our democracy takes struggle.

 It takes sacrifice.

 But there is joy in it and there is progress.

 Because we the people have the power to build a better future.

 And when our very democracy was on the ballot in this election, with the very soul of America at stake, and the world watching, you ushered in a new day for America.

 To our campaign staff and volunteers, this extraordinary team — thank you for bringing more people than ever before into the democratic process and for making this victory possible.

 To the poll workers and election officials across our country who have worked tirelessly to make sure every vote is counted — our nation owes you a debt of gratitude. You have protected the integrity of our democracy.

 And to the American people, who make up our beautiful country — thank you for turning out in record numbers to make your voices heard.

 And I know times have been challenging, especially the last several months.

 The grief, sorrow, and pain.

 The worries and the struggles.

 But we’ve also witnessed your courage, your resilience and the generosity of your spirit.

 For four years, you marched and organized for equality and justice, for our lives and for our planet.

 And then, you voted and you delivered a clear message.  You chose hope, unity, decency, science, and, yes, truth.  You chose Joe Biden as the next president of the United States of America.

 And Joe is a healer.

 A uniter.

 A tested and steady hand.

 A person whose own experience of loss gives him a sense of purpose that will help us as a nation reclaim our own sense of purpose.

 And a man with a big heart who loves with abandon. It’s his love for Jill, who will be an incredible first lady.

 It’s his love for Hunter and Ashley and his grandchildren and the entire Biden family.

 And while I first knew Joe as vice president, I really got to know him as the father who loved Beau, my dear friend, who we remember here today.

 To my husband Doug, and our children Cole and Ella, and my sister Maya and our whole family — I love you all more than I can ever express.

 We are so grateful to Joe and Jill for welcoming our family into theirs on this incredible journey.

 And to the woman most responsible for my presence here today — my mother, Shyamala Gopalan Harris, who is always in our hearts.

 When she came here from India at the age of 19, she maybe didn’t quite imagine this moment.

 But she believed so deeply in an America where a moment like this is possible.

 So, I’m thinking about her and about the generations of women — Black women, Asian, white, Latina, and Native American women throughout our nation’s history who have paved the way for this moment tonight.

 Women who fought and sacrificed so much for equality and liberty and justice for all, including the Black women, who are often — too often overlooked — but so often prove that they are the backbone of our democracy.

 All the women who have worked to secure and protect the right to vote for over a century: 100 years ago with the 19th Amendment, 55 years ago with the Voting Rights Act, and now, in 2020, with a new generation of women in our country who cast their ballots and continued the fight for their fundamental right to vote and be heard.

 Tonight, I reflect on their struggle, their determination and the strength of their vision — to see what can be unburdened by what has been — and I stand on their shoulders.

 And what a testament it is to Joe’s character that he had the audacity to break one of the most substantial barriers that exists in our country and select a woman as his vice president.

 But while I may be the first woman in this office, I will not be the last, because every little girl watching tonight sees that this is a country of possibilities.

 And to the children of our country, regardless of your gender, our country has sent you a clear message:

Dream with ambition, lead with conviction, and see yourselves in a way that others may not simply because they’ve never seen it before.

 But know that we will applaud you every step of the way.

 And to the American people: No matter who you voted for, I will strive to be a vice president like Joe was to president Obama — loyal, honest and prepared, waking up every day thinking of you and your family.

 Because now is when the real work begins.

 The hard work. The necessary work.

 The good work.

 The essential work to save lives and beat this pandemic.

 To rebuild our economy so it works for working people.

 To root out systemic racism in our justice system and society.

 To combat the climate crisis.

 To unite our country and heal the soul of our nation.

 And the road ahead will not be easy.

 But America is ready.

 And so are Joe and I.

 We have elected a president who represents the best in us.

 A leader the world will respect and our children will look up to.

 A commander in chief who will respect our troops and keep our country safe.  

 And a president for all Americans.

 And it is now my great honour to introduce the president-elect of the United States of America,

 Joe Biden.

Source; New York Times 2020.11.8

カマラ・ハリス氏勝利演説

 こんばんは。ありがとうございます。ジョン・ルイス下院議員は亡くなる前に、民主主義は状態ではなく行動であると言いました。その意味するところは、アメリカの民主主義は決して保証されていないということです。私たちの意思があってこそ強いものになります。

 私たちは守るべきなんです。当然のものとして受け止めてはなりません。民主主義を守るためには、戦い、犠牲を払い、喜びもあります。進展もあります。より良い将来を構築することが可能です。

 私たちの民主主義そのものが今回、投票にかけられました。アメリカの魂がかけられていました。世界中が注目していました。皆さんが新たな日をアメリカにもたらしてくれました。選挙陣営のスタッフの皆さん、ボランティアの皆さん、すばらしいチームです。感謝します。これまでよりも多くの人たちがこの民主的なプロセスに入ることができました。そしてこの勝利を可能にしました。

 選挙管理の関係者がすべての集計を進めています。皆さんがこの民主主義の尊厳を守りました。皆さんが私たちの美しい国を成り立たせているのです。感謝します。記録的な投票数となりました。皆さんのメッセージをしっかりと発信してくれました。

 この数カ月は大変な時期でした。悲しみがありました。痛みがありました。心配も、戦いもありました。しかし皆さんの勇気を、不屈の精神を目の当たりにしました。寛容な精神を発揮してくれました。4年間にわたって皆さんは前へ進んできました。

 平等、正義、私たちの命のために、そして私たちの地球のために尽くしてくださいました。皆さんは投票してくれたのです。はっきりとしたメッセージを届けてくださいました。皆さんの希望を選んでくれました。結束、良識、科学を選んでくれました。真実を選び取ってくれました。 ジョー・バイデンを次期アメリカ大統領として選んでくれたのです。

 ジョーは結束を進める人、傷をいやしてくれる人です。今まで試練を乗り越えてきた人です。喪失の経験から、目的を意識している人でもあります。国としての目的、自分たちの中に目標を見出させてくれる人です。心の大きな人です。非常に大きな愛です。

 ジルは素晴らしいファーストレディーになるでしょう。私は、彼が父親として亡くなった息子さんのことをどんなに愛しているかを知りました。私は、私の夫、子ども、妹、家族全員に対してとても大きな愛を感じています。ジョーとジルには感謝しています。この素晴らしい道のりをともにさせてくれました。

 また私がここに立っているのは私の母のおかげでもあります。19歳でインドからやって来た母は、こんな瞬間が訪れるなんて夢にも思っていなかったでしょう。彼女はアメリカを深く信じていました。今、母のことを考えています。多くの黒人の、アジア系の、ラテン系、ネイティブアメリカンの女性たちのことを私は考えています。彼女たちによって道が切り開かれました。

 女性たちは多くのことを犠牲にしました。対等な権利のために戦いました。すべての人たちのために正義をもたらそうとしました。黒人女性たちはこれまでも見過ごされてきました。しかし、民主主義の根底にある大切な存在だということがわかっていました。

 すべての女性たちは投票する権利を守るために1世紀に及ぶ努力を続けてきました。2020年、新たな世代の女性たちが投票しました。投票するという基本的な権利、自分たちの意見を伝える権利のために戦っているのです。今夜、私はその苦しみを思い起こします。確たる意思、ビジョンを持っていました。私は、何が成し遂げられるか見極め、後をついで取り組みたいと思います。

 ジョーは人格者です。なんと言ってもジョーはバリアを打ち砕くことができました。女性を副大統領候補に選んだのです。私が初の女性副大統領になるかもしれませんが、最後ではありません。すべての幼い女の子たち、今夜この場面を見て、わかったはずです。この国は可能性に満ちた国であると。私たちの国の子どもたちへ、私たちの国ははっきりとしたメッセージを送りました。

 ジェンダーなどは関係ありません。野心的な夢を抱き、信念を持って指導者となるのです。そして他の人とは違った見方をするのです。皆さんの一歩一歩を見届けます。アメリカ国民の皆さん、どちらへ投票したかは関係ありません。

 私は副大統領としてしっかり取り組みます。ジョーがオバマ氏に対して副大統領として尽くしたようにです。忠誠を誓い、誠実に準備を整えます。毎朝、目覚めれば、皆さんや皆さんの家族について考えます。これからが真の仕事となります。大変な仕事です。必要な仕事です。いい仕事に取り組みます。

 人々の命を救い、この病気に打ちかつのです。経済を立て直します。人々への差別をなくすことにも取り組んでいきます。気候変動と戦い、国を結束させ、アメリカの国としての魂の傷をいやしていかなければなりません。道のりは決してやさしいものではないでしょう。

 けれども、アメリカは準備が整っています。ジョーと私も準備ができています。私たちが選んだ大統領は、私たちの最善の部分を引き出してくれる人です。子どもたちが見上げて尊敬できるような大統領、軍に対し敬意を払い国を安全に保つ最高司令官、そしてすべてのアメリカ国民のための大統領となってくれる人です。光栄にも、アメリカ合衆国次期大統領、ジョー・バイデン氏を紹介させていただきます。

​ 出典:東京新聞 2020.11.8

出典:朝日新聞